ここから本文です

山歩きについて。

アバター

ID非公開さん

2019/12/722:05:40

山歩きについて。

真夏の里山と真冬の雪無しの里山でしたらどちらの方が好きですか。

真夏の良いところは、日が長く、緑が青々として景色がきれいです。真夏の悪いところは虫が多く、標高の低い里山では暑さがかなり厳しいです。お弁当も腐らない物を用意する必要があります。

真冬はだいたいその反対です。ただし寒さは防寒服で対処できますし運動するので風がなければ自然と体は温まり楽です。その代わり頂上付近は風が強いことが多いし、座って休憩してると寒くなってくるのであまりのんびりゆっくりできないです。

閲覧数:
45
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pan********さん

2019/12/816:43:25

低山は冬に行くことにしています。
おっしゃるとおり、虫が少ない。
葉が落ちて見通しが良い、眺めが良い。
落ち葉が良い具合にクッションになって膝の負担が少ない。
日が短くて行動時間が限られますが、そこは低山なので十分。
だから低山は冬用に「とっておく」のです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

匿名さん

2019/12/817:52:47

雪のない冬山はめちゃ寒く感じる。

夏に一票。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/12/817:33:48

文句なしに「真冬」が好きです。
夏の虫と蜘蛛の巣が苦痛以外の何物でもない。

広葉樹の葉も落ちてルーファイもやりやすい。
温かい食べ物がこの上なくご馳走。

これからの低山はまさにシーズンイン!です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/12/816:50:39

6月から7月の低山
大好きです。クモの巣、メマモトイ、夕立、繁茂、蝉の声、どれも大好きです。日が長いのが大好きです。遅い時刻まで山にいます。本当はよくないことだけど。


雪のない冬の低山はつまらないです。
楽しいのは積雪があったればこそです。たとえ15センチでも。6爪付けてシャキシャキいせながら楽しみます。

基本、夏でも冬でも日帰りならば昼食は食べません。作りません。持って行きません。

AMTG007さん

2019/12/808:51:25

どちらも好きです。そりぞれの特徴をとらえていろんな里山に登ればいいでしょう。
暑いのが嫌なら涼しい地区を選べいいし春は草花。山菜を楽しめばいいし秋は紅葉やキノコや木の実を楽しみ冬はこの葉が落ちた見通しを楽しみ、雪の里山でスノーシューでの道なき道を歩くもよし人それぞれ山それぞれの楽しみ方があっていいのではありませんか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2019/12/800:51:04

2択ですか?厳しいですね。できれば秋の紅葉がいいけど…
2択なら虫のいない「冬」

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる