ここから本文です

2年前に長芋の切れ端を畑に埋めていたところツルが繁茂し2年になるので芋も成長...

pic********さん

2019/12/900:22:36

2年前に長芋の切れ端を畑に埋めていたところツルが繁茂し2年になるので芋も成長しているだろうと思い本日掘り起こしてみたところ芋は全然見当たらず鉛筆だいの根だけが繁茂していました。

原因と対策を教えて下さい。

閲覧数:
315
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mo3********さん

2019/12/909:33:48

まず、長芋の育ち方から説明をします。
長芋は4~5月にタネイモを植えつけて、その年の蔓が枯れる11月ころから翌年の3月ころまでに収穫してしまいます。

そのまま収穫しないで放っておくと、その芋がさらに大きく育つのではなく、収穫されなかった芋は翌年のタネイモとなって、新しく芽を出して蔓をのばし、新しい長芋を育てる養分となった消耗してしまいます。
したがって、何年地中に置いても同じことの繰り返しで長芋は大きくなりません。

そうした長芋のサイクルを知っていただいたうえで、あなたの質問にお答をしようと思いますが、2年前に埋めたと言われる種芋のサイズはどれくらいだったのでしょう?
このタネイモが小さすぎると(10センチくらいはないと)、翌年出来る芋も大きくなりません。
そして、小さなタネイモで出来た長芋はさらに小さくなってしまいます。

更に多くくならなかった原因として、肥料不足が考えられます。
ナガイモノの吸肥根は地表近く(ナガイモノ蔓のすぐ下の首の部分)から横に広がるので土の中ではなく、芽の出た根元近くの表面近くの浅いところに堆肥と共にリン・カリが多めの肥料を与えます。

まず、長芋の育ち方から説明をします。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる