車磨きに詳しい方に質問します。 年末車磨きに挑戦しようと思ってます。 手順を知りたいのですが… 洗車→鉄粉除去→古いコーティングを取り除く脱脂→磨き→脱脂洗車→ガラスコーティング

車磨きに詳しい方に質問します。 年末車磨きに挑戦しようと思ってます。 手順を知りたいのですが… 洗車→鉄粉除去→古いコーティングを取り除く脱脂→磨き→脱脂洗車→ガラスコーティング で、良いのでしょうか? 色はパールホワイト、3Mのハード1Lで磨いてみようと思ってますが、問題無いでしょうか?1L後、2Lで仕上げた方が良いのでしょうか?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

脱脂で取り除けるコーティングはまぁコートと呼ぶのは自由ですが ワックスの類です。 ガラスコートは脱脂では全く取れませんし、ちゃんと硬化するポリマーコート もほとんど取れません。 ガラスコートを磨いて取るのもだいぶ大変です。 厚さは無いし衝撃にも対抗できないくせに擦られるのには滅法強いです。 プロはサンディングするみたいですね。私は怖くてできません。 H1は傷消し用で番手で言うと#5000くらいだと思います。 仕上げ用にはちょっと粗いですが本人が納得すればそれでもいいです。 前のガラスコートが硬いものだとバフ選ばないとH1ではいくらがんばっても 落ちなかったりしますので、バフとの組み合わせが重要です。 H2は仕上げ用です。 番手は#10000くらいあるんじゃないかと思います。 こっちもちゃんと仕上げ用のバフ組み合わせないとうまいこと オーロラ消えないです。 私もDIYガラスコーティング考えましたが 深めの線傷消すまで削り込む根性が無く 古いコート落として表面磨き直してポリマーコートで逃げてます。 線傷は消せていませんが、H2できちんと仕上げれば2M離れれば けっこう見れる状態になります。 ちなみに3MのコンパウンドはHard1とHard2があり液状のものにLが付きます。 これの他にプロ用のめちゃくちゃ切削力の強いコンパウンドもあります。

画像

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

磨き過ぎには御用心。 プレスラインの角は下地が出やすいので注意しないと塗装し直さないといけない事態になります。

0

塗装の状態と色で磨きは変わってきますが、ダークカラーなら2Lは必要でしょう。