ここから本文です

なんで先進国の人は虫を食べなくなったんですか?

アバター

ID非公開さん

2019/12/1221:44:48

なんで先進国の人は虫を食べなくなったんですか?

やっぱまずいんですかね?

閲覧数:
21
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hhhadrianusさん

2019/12/1307:32:04

先進国と言えばヨーロッパですが、
ここは氷河期の影響から食べるほどの
昆虫類がもともと存在しません。
気候も冷涼で、耕作がやっとという
土地では昆虫は害虫という認識でしか
なかったと思います。

反対に、3,4000年前の
「先進国」だったエジプト、ギリシアでは
昆虫には手を出すまでもないくらい、
豊穣に麦や魚が取れた。ハチミツも
利用していましたから、虫が役立つという
認識はあったはずです。
食べたヤツは居たかもしれませんけど、
昆虫食がメジャーにならなかった理由は
安定して多量に取れるものでもなく、
ほかに食料があったから、に尽きると思います。
あと、「気色悪い」もあったと思います。

ギリシアではなんだか、虫は擬人化される
くらい身近で、
「世界で虫を愛でるのは古代ギリシア人と
日本人のみ」って言葉もあるくらい
なのですけどね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

usa********さん

2019/12/1310:44:50

食べてる人もいる。

>カース・マルツゥは、イタリア・サルデーニャ地方のチーズの一種。
>その特徴は生きた蛆が入っていることである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%...
>食べる前にチーズから幼虫を取り除く人も、幼虫ごと食べる人もいる。
>欧州連合の食品規制上、カース・マルツゥを売るのは違法であり、摘発された場合は高額な罰金を払わないといけない。
> しかし、サルデーニャでは禁令を守られていない人もおり、闇市ではペコリーノのおよそ2倍の価格で取り引きされている。

日本でも地方では食用にするために養蜂を行っている人がいる。
食品衛生法に認められたものではないので個人の趣味の範囲で行われていて庭に養蜂箱を置いて育てている。
その地方では「金持ちの趣味」の扱い。
庭の広さがそれなりに無いといけないし隣近所との距離も考えないといけないし、庭に植物は多くあった方がいいけど殺虫剤が使えないので手入れに手間がかかるし、何よりエサとして生肉を与えて育てるので非常にコストがかかるとか。
生肉も毎日同じだと蜂が飽きて食べなくなるとかで(贅沢だな)鶏肉と豚肉とを交互にあげるなど工夫が必要らしい。

tom********さん

2019/12/1308:47:30

味はそう悪くないが口当たりが最悪、外骨格がねぇ。
幼虫系も触感が最悪。

xdf********さん

2019/12/1223:54:58

フランス人はカタツムリも蟻も食べますよ。

ken********さん

2019/12/1222:41:20

昆虫ではないけど、カニやエビも虫の一種

べえはちさん

2019/12/1221:54:50

長野ではざざ虫や蚕のさなぎ、
ハチノコを食べる文化が多少残っているようです。

先進国は産業の中心が都会にあり、
虫は少なく食料にするには効率が悪いからではないでしょうか。

高栄養のこうろぎを食用にと考えている人がいるようです。
食べている国は結構あるようですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる