僕は理系の大学受験生です。現在は大阪大学の工学部を目指しています。 しかし今更なんですが最近文系への進学(経済学部または経営学部)へ行きたいという気持ちがわいてきました。

僕は理系の大学受験生です。現在は大阪大学の工学部を目指しています。 しかし今更なんですが最近文系への進学(経済学部または経営学部)へ行きたいという気持ちがわいてきました。 理由は •政治経済の勉強をしていて経済関連のことに興味を持ちました •(すべての学問をする上であまりよくないことだと思いますが)僕は『これはなぜ?』という風な疑問をあまり持ちません… こうゆう性格では研究に向かないのでは?と思います。それにもともと研究をしたいという気持ちがあまりありません。 あまり英語が得意ではないので国公立は難しいです。センター形式では平均して160点ぐらいです。 私立のセンター利用で行きたいと思っています。 候補としては同志社大学、立命館大学、青山学院大学などです。 ここで質問なんですが •もし文系の学部へ進んだ場合入学後の英語は周りに比べ劣っていると予想されますか? また英語に関して厳しい状況が待っているでしょうか? 国語に関しても同様です。 •今までやってきた数3Cや物理•化学は入学後使いませんか? •努力すれば公認会計士の資格など取れますか? •最近の不況で自動車メーカーなどで人員削減されてますが文系の学部からよく就職するような職の状況はどうなんでしょうか?(銀行など) その他何か意見などありましたらよろしくお願いします。

大学受験2,259閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3

私も、せっかく阪大に入れる学力があるのなら、阪大に行った方がいいと思います。 貴方の仰る文転、あるいは文理融合なら、MOTや経営工学・金融工学が適当だと思われます。私の個人的意見ですが、工学部の情報工学科に入って、情報工学の傍ら経営工学・金融工学他経済関係の勉強をするなら、関連性が深いのでやりやすいと思います。理系は大学院進学が当たり前なので、そのあとは同じ阪大の工学研究科ビジネスエンジニアリング科に進学するか、経営学研究科に進学されればよろしいかと思います。 http://www.eng.osaka-u.ac.jp/ja/list/ee_ie.html http://www.mit.eng.osaka-u.ac.jp/oje/index.html http://www.econ.osaka-u.ac.jp/graduate/g_course.html どうしても文系学部から入りたいと思われるのなら、いくつか注意が必要です。数学はよく使用しますが、物理・化学は直接出てくる機会はまずありません。英語は必要単位をとるだけならさほど困難ではないと思います。 公認会計士の資格は、学部生はダブルスクーリングなどで取る人が多いと聞きます。学部生時代に取らずに会計大学院に進学して取る人もいます。会計大学院は文学部や理系の人でもたいてい進学可能です。だからこそ私は、学部生から経済・経営学部に進路変更するのにこだわる必要はないと申し上げているのです。 経営・商学部で会計のことをしっかり勉強している人は経理職に就くことができますが、そうでない人は営業職か営業企画などやはり営業関係の担当職につくことが多いでしょう。経済学部は金融関係の業種に強い傾向があります。

3人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

もし学力的に問題ないなら大阪大学工学部のほうへ行って欲しいところです。 経済学部なら大学で文系向けの数学の講義がありますから、数3の知識は無駄にはならないでしょう。 英語に関しては大学入学後も継続して勉強していく必要があるので、厳しいといえば厳しいでしょうね。 公認会計士の資格は努力すれば取れますが、かなりの労力がかかります。 あとよく言われることですが、文系学部の就職は総じて理系学部以上に厳しいことが多いです。 大銀行などは、東大経済学部卒でも薄給・激務でやめていく人が大勢います。 文系なら国家公務員(国1、国2)を目指したほうがいいんじゃないでしょうか。