ここから本文です

私はグランメゾン東京を見ていてあることを考えました 吉谷彩子(ビズリーチ)は ...

同志社大学の黒豹さん

2019/12/3100:14:55

私はグランメゾン東京を見ていてあることを考えました
吉谷彩子(ビズリーチ)は
次のNHK朝のドラマのヒロインに抜擢される

内容は
女性科学者中村桂子の物語

いかがですか

中村 桂子 (なかむら けいこ、 1936年 (昭和11年) 1月1日 - )は、生命誌研究者、 JT生命誌研究館 館長。 理学博士 ( 東京大学 、1964年)。 東京都 出身 [1][2] 。 長女は、スウェーデン語講師、翻訳家の 中村友子 。
略歴
1936年1月:東京都生まれ
1948年3月: 千代田区立麹町小学校 卒
1951年3月: 千代田区立麹町中学校 卒
1954年3月: お茶の水女子大学附属高等学校 卒
1959年3月: 東京大学理学部 化学科卒
1964年3月:東京大学大学院生物化学修了
1964年4月: 国立予防衛生研究所 研究員
1964年10月:東京大学 理学博士 [3][4]
1971年4月: 三菱化成生命科学研究所 社会生命科学研究室長
1981年5月:同・人間自然研究部長
1989年4月: 早稲田大学人間科学部教授
1991年: 日本たばこ産業 企画部 顧問
1993年4月:JT生命誌研究館副館長
1995年:東京大学先端科学技術研究センター 客員教授
1996年: 大阪大学 連携大学院教授
2002年4月:JT生命誌研究館館長
2003年6月: 関西電力 株式会社取締役(2006年まで)
2006年6月:関西電力株式会社監査役(2007年まで)
社会的活動
文部科学省中央教育審議会 委員(第1期~第2期)
同 国立大学法人評価委員会 委員(第1期)
日本学術振興会21世紀COEプログラム プログラム委員会委員(平成18年度)
恩師
江上不二夫
渡辺格
受賞歴
1993年 -第47回 毎日出版文化賞 『自己創出する生命』(哲学書房) [1][2]
1996年 -第12回日刊工業新聞 技術・科学図書文化賞優秀賞『ゲノムを読む』(紀伊國屋書店)
2000年 -第8回松下幸之助花の万博記念賞
2000年 -第15回ダイヤモンドレディ賞
2002年 -オメガ・アワード2002
2002年 -第10回大阪府女性基金プリムラ賞
2007年 -第45回 大阪文化賞
2013年 -アカデミア賞(全国日本学士会)
著書
単著
『生命科学』( 講談社 1975 [ 講談社学術文庫 ] 1996年)
『女性科学者ノート――めぐりあい』( 人文書院 1982年/改題『生命科学者ノート』岩波現代文庫 2000年)
『生きもののしくみ』(ほるぷ出版 1986年 科学者からの手紙)
『女性のための生命科学』( 中央公論社 1987年)
『毎日が科学の目』( 講談社 1987年)
『子供の「なぜ」に答える本 親と子の科学教室』(PHP研究所 1987 のち文庫 )
『生命科学と人間』( 日本放送出版協会
NHKライブラリー、1989年)
『生命誌の扉をひらく――科学に拠って科学を超える』( 哲学書房 1990年)
『ミクロコスモスに生命誌をよむ』大須賀節雄インタビュー( 三田出版会 1990年)
『生命科学から生命誌へ』( 小学館 1991年)
『自己創出する生命――普遍と個の物語』(哲学書房 1993年)-- 毎日出版文化賞 受賞、( ちくま学芸文庫 2006年)
『あなたのなかのDNA――必ずわかる遺伝子の話』(ハヤカワ文庫 1994年)
『ゲノムの見る夢――中村桂子対談集』( 青土社 1996年)(増補新版 2015年)
『科学技術時代の子どもたち』(岩波書店 1997年)
『生命誌の窓から』(小学館 1998年)
『食卓の上のDNA――暮らしと遺伝子の話』ハヤカワ文庫 1999年)
『生命誌の世界』(日本放送出版協会・NHKライブラリー 2000年) (改題『生命誌とは何か』 講談社学術文庫 2014年)
『「生きもの」感覚で生きる』(講談社 2002年)
『ゲノムが語る生命-新しい知の創出』(集英社新書 2004年)
『子ども力」を信じて、伸ばす』(三笠書房 2009年)
『「生きている」を考える』( NTT出版 2010年)
『科学者が人間であること』( 岩波新書 2013年)
『ゲノムに書いてないこと』(青土社、2014年)
『知の発見 「なぜ」を感じる力』( 朝日出版社 、2015年)
『小さき生きものたちの国で』(青土社、2017年)
『いのち愛づる生命誌(バイオヒストリー) 38億年から学ぶ新しい知の探求』(藤原書店、2017年)
共著
( 加藤順子 ・ 辻堯 )『組換えDNA技術の安全性――研究室から環境まで』(講談社, 1989年)
( 松原謙一 )『生命のストラテジー』( 岩波書店 , 1990年/増補新版・ 早川書房 [ハヤカワ文庫], 1996年)
( 多田富雄 ・ 養老孟司 )『「私」はなぜ存在するか――脳・免疫・ゲノム』(哲学書房, 1994年/哲学文庫, 2000年)
( 松原謙一 )『ゲノムを読む――人間を知るために』( 紀伊國屋書店 , 1996年)
( 養老孟司 )『生命の文法――「情報学」と「生きること」』(哲学書房, 2001年)
( 東倉洋一 編)『22世紀への手紙――生命・情報・夢』( NTT出版, 2001年 )
( 山折哲雄 )『往復エッセイ 「いのち」についての60の手紙』(産経新聞ニュースサービス, 2002年)
( 鶴見和子 )『40億年の私の「生命」――生命誌と内発的発展論』( 藤原書店 , 2002年/新版, 2013年)
( 稲本正 編)『森を創る 森と語る』( 岩波書店 , 2002年)
( 本庶佑 )『生命の未来を語る』(岩波

青土社,藤原書店,ゲノム,東大,ビズリーチ,猿橋勝子,香川綾

閲覧数:
136
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eco********さん

2019/12/3123:11:08

朝ドラのヒロインとなると映画化されたキュリー夫人のような波乱万丈的要素も多少なりとも必要かと思いますし、世の中に貢献した女性科学者を取り上げるなら中村さん以外でも一般の人にはほぼ無名ですが胚芽米研究の香川綾さんや海洋放射能の研究の猿橋勝子さんもいますし、NHKの番組編集者が採用されるかはわからないですね。
https://www.iwanami.co.jp/book/b265909.html

STAP細胞が本当だったら小保方さんもいつかドラマ化されたかもしれないですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「グランメゾン東京」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる