ここから本文です

シンシナティレッズファン及び埼玉西武ライオンズファンの方へ。 秋山選手を含...

RedBear13さん

2019/12/3118:04:57

シンシナティレッズファン及び埼玉西武ライオンズファンの方へ。

秋山選手を含めた2020年シンシナティのスタメンを予想してください。

閲覧数:
39
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pwe********さん

2020/1/318:12:13

1番:秋山翔吾(中)
2番:ガルビス(遊)
3番:スアレス(三)
4番:ムスタカス(二)
5番:ボット(一)
6番:ウィンカー(左)
7番:アキーノ(右)
8番:バーンハート(捕)
9番:(投)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

***さん

2020/1/409:55:37

ヒッティングのラインナップを回答する以前にフィールディングのシフトを決めなければならないわけだが、実際のところ秋山は定位置が確約されているわけではない。質問には秋山を含めてとあるのでそれを前提に回答するわけだが、一通りの戦力分析をしたうえで最後に書くことにしたい。

まず2019-2020オフシーズンの編成だ。
2018年と比較して2019年はピッチングの成績を伸ばし、ヒッティングの成績を落としている。特に、基礎的なスタッツはそれほどでもないが得点が伸びていない。ポイントゲッターの前を打つ選手の出塁率が課題の一つだったと思える。

内野だが、FAでムスタカスを獲得している。2Bのプロダクションの低さが得点力の低下につながっていたので大きく改善されるはずだ。SSも2019年途中に獲得したガルビスで固定する見込みのようでイグレシアスはリリースされている。
1Bボットー、2Bムスタカス、3Bスアレス、SSガルビスでほぼ固定されるだろう。

外野だが、若くて伸び盛りの選手がそろっている。数字は出場試合数とOPSだ。
ニック・センゼル 104 .742
アレスティディス・アキーノ 56 .892
フィリップ・アービン 94 .797
ジェシー・ウィンカー 113 .830
チームはアキーノに最も期待しているはずだ。シーズン途中のデビューで56ゲームだが19本のHRを記録している。
センゼルは足が速いし、NPB全体でもCFは守備力重視で起用されるケースが増えている。
アービン、ウィンカーもOPSは800前後でプロダクションは悪くない。秋山は相当の活躍をしないとスタメン起用は難しいと思える。

秋山の評価だが、獲得時の記事にはこんな個所がある。
He’s been a center fielder for Seibu but appears to project more as a corner outfielder in the Major Leagues.
https://www.mlb.com/news/shogo-akiyama-reds-update
「秋山は西武ではCFだった。だが、MLBではコーナーアウトフィールダーとしてより多く登場するだろう。」
コーナーアウトフィールダーとはレフトまたはライトのことだ。センターへの守備力の要求度は最近高まってきていて、それと比較すると30歳を超えて下り坂の秋山はコーナーアウトフィールダーがふさわしいという分析なのだろう。

外野は左から秋山、センゼル、アキーノと仮定してバッティングオーダーを考えることにする。
これは2019年のシンシナティのオーダーだ。
https://www.baseball-reference.com/teams/CIN/2019-batting-orders.sh...
得点力の低下は2番で121ゲーム出場したボットーのプロダクションの低下がかなりの原因となっているはずだ。シーズン終盤に4番で起用されたアキーノはその間スタッツを落としてきている。まだ若いし荷が重かったと思える。1番センゼル、3番スアレス、4番ムスタカス、5番アキーノが順当だろう。その上で残りから出塁を最も期待できる選手を2番に、総合的なプロダクションを期待できる順に6-7番を打たせることになると思う。通算出塁率が.300に満たないガルビスは8番だな。

回答はこうなる。
CFセンゼル
LF秋山 または1Bボットー
3Bスアレス
2Bムスタカス
RFアキーノ
LF秋山 または1Bボットー
Cバーンハート
SSガルビス



回答を書いてみて思うんだが、秋山はずいぶん難儀なチームを選んだものだな。
先にリンクを張った記事にはこんな個所もある。
The addition of Akiyama -- with his track record of high on-base percentages -- could give Cincinnati a solid leadoff or No. 2 hitter if his success in Japan can translate to Major League Baseball.
分かることは2つある。
秋山に期待しているのは出塁率であること。それは日本での成功をMLBへ転換できればという仮定が入っているということ。
従って、出塁率で期待に応えられなければ厳しい競争になるだろう。

Akiyama would give Cincinnati a trusted center fielder behind Nick Senzel, who is working his way back from right shoulder surgery. The other outfielders on the club include Jesse Winker, Aristides Aquino and Phillip Ervin. It’s unclear how all of them will fit into the 2020 plans.
秋山は信頼できるCFと書かれているが、ニック・センゼルに続くとも書かれている。
ウィンカー、アキーノ、アービンと他にも外野手を抱えていて2020年の計画へ彼ら全員をどのようにフィットさせるかは不明確だともある。

秋山以外の4人は全員若く伸び代がある。ゲーム数は多くはないがプロダクションの実績も高い。これから本格的にブレークしてくる可能性がある。
恐らく秋山の獲得は、期待値が高いが経験が今一つの若手に対する保険なのだろう。怪我人が出た際にそれほどプロダクションを落とさず戦力を維持して戦うという目的もあったと思える。
センゼルは2Bも守れるから、リードした場面でムスタカスを下げて守備を固めるオプションも増える。

一方で守備力はウィンカーを除いてOAAが軒並みプラスで水準がかなり高い。(球場が狭く、外野も狭いから難易度が低いという点は考慮が必要)
https://baseballsavant.mlb.com/catch_probability_leaderboard?type=p...
秋山はプラスのOAAを残せるかどうか。この点でも安泰ではない。

個人的には秋山のファンでもシンシナティのファンでもないので、激しい競争を見られるのは楽しいことではあるんだが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる