ここから本文です

日本史に関する質問です。応永の外寇で、上陸し李氏朝鮮軍と対馬兵とが決戦をした...

kat********さん

2008/12/3020:34:27

日本史に関する質問です。応永の外寇で、上陸し李氏朝鮮軍と対馬兵とが決戦をしたそうですが、これは本当のことなんでしょうか。 李氏朝鮮軍は撃退されたとのことですが、対馬兵は強かったのでしょうか。

閲覧数:
13,122
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アンノさん

編集あり2008/12/3022:38:10

本当ですよ。

韓国の教科書では以下のように書かれています。
≫世宗のとき、李従茂などが200余隻の艦隊を率いて
≫倭寇の討伐に向かい、対馬島を征伐した
(韓国国定教科書より・・・韓国は教科書は国定のみ)

日本の教科書には以下のように書かれています。
≫宗氏の当主が交代し、倭寇の活動が活発になったため、
≫1419年、朝鮮軍は倭寇の根拠地と考えていた対馬を襲撃した。
(詳説 日本史・・・山川出版社)

李氏朝鮮は1419年6月に突然、
「古の書によれば対馬は朝鮮領である」と宣言。
三軍都体察使・李従茂を指揮官に任命し、対馬侵攻を開始します。
動員された兵力は『世宗実録』によると、
船は227隻、兵は17285人。でした。当時、対馬の領主は、
貿易の仕事で明(中国)に出張中でしたので、抵抗は弱い筈でした。
時の朝鮮王は世宗。実権は父王・太宗が握っていたと言います。

さて、
6月20日対馬に来た朝鮮軍は民家を焼払い、民衆を殺戮します。
しかし、対馬の宗氏も元寇で蒙古軍相手に戦った一族ですから、
26日に朝鮮軍を奇襲攻撃し、これを撃破。
3日後の29日には降伏勧告にきた朝鮮の使者に対して、
これから海が荒れる季節だから元寇の二の舞になるぞ、と脅し上げ、
吃驚した朝鮮軍は一転して和議を乞うて本国に退却します。

この攻防戦の結果は以下の通り。

動員兵力
朝鮮:船227隻 兵17285人
対馬:2000人以下(記録が無いが最大動員力が2000)
※対馬側は当主不在の事と各地に船を派遣していたこと、
※奇襲を受けた側であること、それらを考えないといけません。
※よって動員できても1000人が精一杯と思われます。

損失
朝鮮:死傷者2500人以上
対馬:民衆100人、民家約2000軒、民間船160隻

・・・つまり。
朝鮮軍が驚くほどに弱いのか、宗一族が鬼のように強いのか。
判断が分かれるところです。・・・ちなみに、朝鮮軍は、
対馬で民衆約200を捕虜にしますが、それは中国人と朝鮮人でした。
自国民を連行するなよ・・・朝鮮軍。ってか、何しに来たのやら。

質問した人からのコメント

2008/12/30 23:13:57

成功 大言壮語しながら情けない奴らですね。弱々しい。この正月に対馬に実態を視察しに行きます。応永の外寇のことも調べてきますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる