Windows7のサポート終了について。 Windows7でウィルスバスターを使っています。 ネット検索するときはChromeしか使っていません。

Windows7のサポート終了について。 Windows7でウィルスバスターを使っています。 ネット検索するときはChromeしか使っていません。 もうすぐWindows7のサポートが終了しますが、 サポート終了後も、 このまま使い続けるのは危険ですか? ウィルスバスターを利用していても危険ですか?

Windows 7463閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

ウイルスバスターも対応OSとしてWindows7をそのうち切ります(^-^;A まだアップグレードできるならやってみるのも良いかもしれませんが、XP,vistaから7にアップグレードした古いパソコンの場合はアップグレードに対応していない可能性が高く7が最終OSとなります。 質問者様のパソコンがどのようなCPUを使っているかが分かりませんのでご自身で確認してください。 対応CPUなら重要なデータをバックアップしてアップグレードがお勧めです。 そのまま使い続ければウイルスに感染したりハッキングされたりといったリスクを負うことになるので自己責任となります。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

サポートが終了したOSに対しては、全くと言っていいほど セキュリティソフトは無意味ですよ。 と云うか、何の為にマイクロソフトが毎月セキュリティ パッチを配布していると思います? OS自体の『脆弱性』を補修するためなんですね。 で、脆弱性と云うのはそもそもセキュリティソフトでは 保護できない部分なんですから。 セキュリティソフトはウィルスやマルウェアをブロック したりすり抜けた奴を、とっ捕まえる事は出来ますが 脆弱性への攻撃まで保護できる代物ではありませんのでね。 昔から、セキュリティソフトを入れていても保護できない マルウェア感染が脆弱性なんですね。 >フラッシュプレーヤーのアップデート! >Adobe Reader/Acrobatのアップデート! >JAVAのアップデート! この三つはセキュリティソフトを入れていても、アップ デートを怠った場合、パソコンやタブレットを保護する事 は出来ませんので。 例えて云うなら、我々は穴ぼこが一杯開いたバケツを使っ ていて、マイクロソフトが毎月新たに見つかった穴ぼこを 補修するパッチを配布していて、今後はそのパッチの配布を 行わないwと云ってる訳で、そうなると、どんな高性能な セキュリティソフトを使っていても、穴ぼこを塞ぐ事が出来 なくなりますので水を満杯に出来なくなると。 家の壁に例えれば、今まではネズミやゴキブリが侵入する 穴を防げていたものが、防げなくなるorzと云うことで侵入者 を阻止できなくなりますので。 もっと判りやすく例えると、例えば車に高性能なセキュリ ティ装置を装着していれば、盗難や車上狙いは防げるでしょう。 しかし、銃で襲われた際に命を守れませんよネ? 銃弾は窓を貫通しますし、ボディも貫通しちゃいますから 乗員の生命を守る事は出来ません。 乗員の生命を守るために、窓ガラスを防弾ガラスに交換する、 ボディに鉄板を仕込んで銃弾が貫通しないようにする。 これが『脆弱性対策』で、どんな高性能なセキュリティ装置 でも、役に立たない事が判ると思います。

1

Windows 7のサポートが終わると、ウイルスバスターも対応をやめます。 もしWindows 7のバグが原因でウイルスバスターが正しく動かない状況が発生すると、対処のしようがなくなるからです。 Windowsの内容は非公開であり、他社がOSを改変することは出来ません。 マイクロソフトがバグの対応もやめてしまいますので、トレンドマイクロにとってはお手上げで、責任をとれなくなります。 実際、トレンドマイクロではサポートが終わった時点で、そのバージョンへの対応を打ち切るとしています。 https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome/products/vbp/supportrange.html

1人がナイス!しています

1

勝手にマルウェアに侵されるのは自己責任ですが、感染して他のPCやサーバを攻撃する踏み台やボットになるのは社会的に迷惑です。 アンチウィルスソフトは万能じゃありませし、使ってるブラウザが何であれ感染するときはします。

1人がナイス!しています