ここから本文です

昨日、長年寄り添って来た愛犬が 眠るように冷たくなっていました。 目や耳、鼻...

flp********さん

2020/1/513:54:32

昨日、長年寄り添って来た愛犬が
眠るように冷たくなっていました。
目や耳、鼻が不自由になりながらも
一年間、本当に良く頑張りました。
亡くなる寸前まで本当はそばに
いたかったのです

が…
仕事に出ていて居てやれませんでした。
アイツはちゃんと天国に行けましたかね?
今頃、元気に走り回ってるのかな。
今でも寂しさで涙が溢れます。
アイツとの思い出が心にぶっ刺さります。
皆さんはどのようにして
愛犬との別れを受け入れて乗り越えましたか?

閲覧数:
74
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cor********さん

2020/1/514:05:50

御愁傷様です。
きっと元気で走り回ってますよ。虹の橋の袂であなたが来るのを待っててくれてますよ。

ペットロス10年、子供の友達の飼えなくなったワンコをもらい、受け入れてから回復したように思います。でも、かえって前のワンコを思い出します。

時間が薬ですかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

rqgrcnntf0さん

2020/1/1102:33:25

新約聖書ヨハネの黙示録より

玉座があり上に座っている方は、碧玉や赤めのうのようである。
玉座の周りにはエメラルドのような虹が輝いている。
また、玉座の周りに二十四の座があって、それらの座の上には白い衣を着て、頭に金の冠をかぶった二十四人の長老が座っている。
玉座からは、稲妻、さまざまな音、雷が起こる。
また、玉座の前には、七つのともし火が燃えている。
また、玉座の前は、水晶に似たガラスの海のようである。
この玉座の中央とその周りに四つの生き物がいて、前にも後ろにも一面に目がある。第一の生き物は獅子のようで、第二の生き物は若い雄牛のようで、第三の生き物は人間のような顔を持ち、第四の生き物は空を飛ぶ鷲のようである。
この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも、一面に目がある。彼らは、昼も夜も絶え間なく「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者である神、主、かつておられ、今おられ、やがて来られる方。」 と言い続ける。
東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門がある。
都の城壁には十二の土台がある。
この都は四角い形で、長さと幅と高さが同じで、天使が物差しで都を測ると、一万二千スタディオンである。また、城壁を測ると、百四十四ペキスである。これは天使が人間の物差しによって測ったものである。
都の城壁は碧玉で築かれ、都は透き通ったガラスのような純金である。
都の城壁の土台石は、あらゆる宝石で飾られている。
第一の土台石は碧玉、第二はサファイア、第三はめのう、第四はエメラルド、 第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶である。
また、十二の門は十二の真珠であり、どの門もそれぞれ一個の真珠でできている。都の大通りは、透き通ったガラスのような純金である。
水晶のように輝く命の水の川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には命の木があって、年に十二回実を結び、毎月実をみのらせる。
そして、その木の葉は諸国の民の病を治す。
神と小羊の玉座が都にあって、神の僕たちは神を礼拝し、御顔を仰ぎ見る。もはや、夜はなく、ともし火の光も太陽の光も要らない。
神である主が僕たちを照らし、彼らは世々限りなく統治する。

i12********さん

2020/1/614:56:28

昨年の正月愛犬を亡くしました。腎臓病でした。最近も夢に出てきます。今でも1か月に1回以上バスに乗って動物霊園にいきます。貴方大げさに乗り越えるとか言ってますけど、一緒に過ごした時間を大切に思うことです。確かに。私も一年前ショックで眠れない夜を過ごしましたが、、、、

あずきさん

2020/1/523:57:30

私は昨年の6月にフレブルの男の子を亡くしました。享年8歳、元気な子でした。

亡くなってから今でも、(亡くなったであろう)場所その周辺に行くと思い出して結構躊躇します。
↑外飼いで夜間だったので、死因、死亡時刻は分かりません。

母曰く、火葬した際骨が綺麗に残っていたので、癌などの骨に関する病気が原因ではなかったとのこと。持病や闘病中の病気はなく、引き取った時から風邪ひとつ引きませんでした。

亡くなった日、私は泣けませんでした。
お別れもできませんでした。
心の中の何かが崩れそうで怖くて。
亡骸の様子を聞いただけで胸が張り裂けそうでした。
それでも泣けませんでした。
私は人前で泣く事ができなくて、泣くほど悲しい事は山ほどあったのに、やっぱり人前で泣けなかったです。

ただ、父の一言が胸に刺さりました。
「お前が1番可愛がって世話したったのに、よう我慢したなぁ。」

生まれてたった3年後に妹が誕生して、それから我慢の毎日でした。
何にしても妹優先になってしまうので。
そしてよく言われたのが
「〇〇(名前)はお姉ちゃんでしょ」。

小さい時からいろんなことを我慢してきて、いろんな感情を殺して生きてきました。
そんな私にとって、今回のダメージはそう深くありませんでした。


…すみません。話逸れましたね。

思い出が心に刺さるのも、寂しくなるのも、よく分かります。
私は、常にそばにいると自分に思い込ませてます。
何というか、感じるんです。
何となくですが、遠くにはいない気がして。床に座ってる時も、そう感じます。

人間、思い込めば感じ出すものです。
質問者様のワンちゃんも、きちんと虹の橋を渡り、向こう側で元気にしてることでしょう。
見えなくとも、そばにいます。

あと、後悔を希望に変えました。
「あの子に〇〇させてあげれなかったから、今度飼った時にさせてあげよう!」
みたいな感じです。

いつまでも引き摺ってても、何も始まりません。頑張ってくださいね。

2020/1/516:54:57

前のワンコが亡くなった数か月。
とても寂しくて。どうしようもなかったですが・・・
次の難病と不治と重度アレルギーとなんやらかんやらと
病気もちで、
抱っこも嫌い!チュウされるのも嫌い!命令されるのも嫌い!
ねずみが追いかけられないのも嫌い!事由が無いのが嫌い!
お前に何がわかるのか!
という理想よりはるか斜め上の思考の大変な子が家に来て、
大変な状態になったら・・・すまん、忘れていた。
というわけでもなく、ちゃんとお参りにいっては、
こいつ大変なんだけど!と、報告しています。

前の犬は、あーそうかもねぇ。という顔をしていると思います。
今の犬は、自分はしらなーぃ!(ギャル風)といった顔をしてます。

ですが、どちらも、種類も色も性格も完全真逆ですけれど
愛する家族です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる