ここから本文です

今年のニューイヤーコンサートでも感じましたがウィーンフィルは女性や外国人の楽...

yas********さん

2020/1/1015:53:49

今年のニューイヤーコンサートでも感じましたがウィーンフィルは女性や外国人の楽員を認めてから明らかに音色の魅力や味わいが減退していますよね?こんなことは現地や好楽家の間で話題に上らな

いのでしょうか。時代の流れと諦めるしかないのでしょうか?

閲覧数:
100
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mra********さん

2020/1/1201:05:36

仰るとおりです。

ウィーン・フィルの音色が変わったのは、1970年代後半あたりから、
それまでウィーンの職人さんたちが作っていた楽器の製造を、ドイツの大手メーカーや日本のヤマハに依頼するようになってからです。

llv********さんの仰っている時期とちょうど重なります。

いくら録音によるものだといっても、明らかに何もかもが違います。
チューバの音色までも。

ワーグナー/楽劇「神々の黄昏」から「夜明けとジークフリートのラインへの旅」
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(1956年6月、ウィーン、ソフィエンザールでセッション録音、ステレオ)
https://youtu.be/kVUxIr5l87w

この時期に、しかもクナの指揮でステレオ録音が残されたことは、
我々にとって宝物以外のなにものでもありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

marさん

2020/1/1318:08:50

それか原因かは不明ですが、女や外人がプラスに働かない事は確かです。
クラシック音楽は、ある地域、ある時代の音楽、つまりヨーロッパ地域の17,8〜20世紀前半までが主に聴かれている音楽。
自分はそれを非常に貴重だと思うし、大切にしたい。

オーケストラにはその国固有の音色や響き、スタイルを聴きたい。
その意味でウィーンのある意味ローカルな音色や響きは残して欲しいですね。
ウィンナワルツはウィンナでないと味気ない。

一方でクラシック音楽は極めて普遍性が高い。
だから、世界中に広まった。
現在のPOPSなども基本はクラシックから。
それ故に訓練さえすれば、世界中の人がクラシック演奏家になれる。
歌舞伎や能楽じゃそうは行かない。
普遍性が弱いから。

で、私見では、元のヨーロッパ中心から戦後アメリカに、1970年くらいからアジアにも演奏家を求めた。
ソリスト以外も。
その結果、オーケストラがインターナショナル化した訳です。
各国のオーケストラもその独自のカラー、音色や響きも失われ気味。
一聴しただけでは、どこの国かハッキリ分からない。

クーベリックのベートーヴェン全集あたりが最後っ屁かも。
今じゃ余り意味がない、売りにならない(笑)。
ウィーンフィルも遅ればせながら、そうした世界的な波に影響されたのでしょう。

で、70年代アジアの次に、流石にアフリカには行かず、時間を遡った。
つまり古楽器の隆盛。
空間から時間へ、地域の拡大から時代の遡上へ。
不思議な事に古楽器では地域性、男女、国籍は余り言われない(笑)。

オーディオも同じです。
70年代までは各国の特徴がありました。
スピーカーなんか特に。
しかし、段々インターナショナルに。
何たって「世界のSONY」笑。

で、そのSONYからCD。
アナログからデジタルになったのと、オーケストラの特色が失われたのとは同じ頃。
当然、再生たるオーディオは少し遅れましたが。

ま、エントロピーじゃないが、インターナショナル化の促進は止められない。
今やあらゆるものの境界が曖昧に。
白と黒、男と女、大人と子供…
卵の黄身と白身が混じるのも許さない、卵焼きより目玉焼き、しかも半熟派の自分としては、クラシック音楽の普遍性より特殊性が贔屓の自分としては、悲しい限りです。
https://m.youtube.com/watch?v=2y9PbTRkVxg&t=23m22s

che********さん

2020/1/1021:24:02

欧州の人たちは、伝統の中にも革新を求める方が多いので、古き良き時代のウィーンフィルの音には安住しないと思います。演奏する側も聴く側も。

ライブで、ベルリン・フィルとウィーン国立歌劇場のオーケストラ、シュターツカペレ・ドレスデン、ライプツッヒ・ゲヴァントハウスを聴くと、かなり感じは違います。が、昔ほど差が無くなったのは確かだと思いますが。

llv********さん

2020/1/1018:39:40

ウィーン・フィルは、あなたが思うそういう理由よりも、カール・ベームが没したあたりから、明らかにレベルが落ちてきたという話題が頻繁に出ていました。もう、40年くらい前からのことですよ。
ウィーン・フィルはいわゆるサークル活動であって、本職は国立歌劇場管弦楽団ですから、サークル活動であっても厳しく練習してくれるような常任指揮者(またはそれに近い人)がやはり必要なのでしょうね。

とはいうものの、自分はそれを比較できるほど聴いてませんが。

wew********さん

2020/1/1018:37:45

で?
具体的に言うと何がどう変わったのよ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる