ここから本文です

大学生になったら海外留学をしたいと考えている高校二年生です。

アバター

ID非公開さん

2020/1/1119:13:08

大学生になったら海外留学をしたいと考えている高校二年生です。

しかし、私の家にはお金がありません。
親に話しても、留学費用は一切出さないから。の一点張り。

なので、自分でバイトして稼ぐしかないと思います。
私の高校は、バイト禁止の高校なのでバイトすることができません。

大学生になってから、留学費用を貯めるためにバイトをしなければなりませんよね。

でも、遊んでばかりで遊びにお金を使ってしまって全然お金が貯まらなさそうな気もします。

もし知恵袋で、留学費用を自分で貯めて、留学に行った方がいらっしゃったら、どのくらいの期間バイトをして、どのくらいの期間留学に行かれたのか教えて欲しいです!

長期留学に行くべきか、短期留学に行くべきかわからず、未だに迷っています。
明確な将来の夢はまだ決まっていないので…
ただ、海外に携われるような、そんな仕事に就けたらいいなぁと考えています。
簡単なことじゃないのはわかっています。

閲覧数:
260
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gor********さん

2020/1/1201:45:59

東京の人なら横田、神奈川なら横須賀、青森なら三沢

米軍基地で働け

アメ公にこき使われてるとすぐにペラペラになる

甘えるな

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

milkyさん

2020/1/1818:51:20

たとえば、手取り時給800円~1000円のバイトで1日何時間働いたら、どのくらい貯まるか、自分で計算してみましょう。
ただし、税込みで年間103万円を超えると、親の扶養から外れて自分で健康保険代や年金を払わなければならず、実質的に減収になります。

先進国の語学留学の学費は高く、学費と生活費の総額は、1ヶ月で60~80万円、1年間で250~350万円が目安です。
これに渡航費、海外旅行保険代、お小遣いなどが加算されます。
つまり、扶養の範囲で目一杯稼いで全額貯金しても、長期留学したければ3年くらい掛かることになります。

また、殆どの大学で語学留学は単位にならないので、大学を休学せねばならず、休学分の学費が必要で、1年遅れることになるでしょう。
そもそも語学留学では大した英語力はつかないから、夏休みに1ヶ月くらい行けばいいのではないでしょうかね。

大学の交換留学の試験に受かれば、学費は母校に払うだけ、生活費のみなので、割安で留学できます。
派遣先の大学で履修した単位が認められるため、留年や休学をせずに4年間で卒業できます。
ただし、選考試験は競争率が高く、良い大学の成績とTOEFL70~80点くらいの英語力が必要でしょう。

最近は、国際学部の学生には全員留学制度を採用している私立大学が増えているので、そういう大学へ進学するのも一案っだと思います。
交換留学や卒業単位に必要な留学なら、親御さんも了解してくださる可能性がありますしね。

izu********さん

2020/1/1600:14:32

本気で海外に携わる仕事に就きたいのであれば、語学留学程度ではプロとして語学を活かせるような仕事には就けません。費用のことも考えて国立大学に行き、奨学金が受けられる可能性が高いアメリカに大学院留学をし、修士号あるいは博士号を取得するのが最も安くて実力が付く方法です。就職の際も、語学留学とは違って、語学力があることが証明されるので、就職先が外資系や日本のグローバル企業に広がるだけでなく、海外の職場も狙えます。

ちなみに、私自身は、大学卒業後、奨学金を受けて大学院に留学できたので、親に経済的負担をかけずに博士号が取れました。大学院学生の時、国連から仕事のオファーが来ました。英語力を活かして国際的な仕事ができるいいチャンスであるその仕事を選ぶべきか、勉強を続けて博士号を取るべきか迷いましたが、後者を選択しました。

高校生である質問者様が今できることは、出来るだけ勉強を頑張ることと、実践的な英語力をつけるように毎日努力をすることです。

tx_********さん

2020/1/1409:49:03

>でも、遊んでばかりで遊びにお金を使ってしまって全然お金が貯まらなさそうな気もします。

そんな心配をしているような人には留学は向いていないと思います。

安く留学したいのであれば交換留学がいいですね。交換留学の場合は9ヵ月で150-200万円くらいです。大学1年の秋から冬頃に選抜試験があり、留学期間は2年の8月~3年の5月というのが多いです。大学の成績も選考基準になりますので良い成績を取っておく必要があります。

2020/1/1316:04:24

『大学生になってから、留学費用を貯めるためにバイト』というのが、非現実的だということは、他の方が既に述べている通り。
で、他の方への返信によれば、質問者さんが留学したい理由は、『自分の視野を広げたい』、『もっといろんな文化に触れて世界を知りたい』、『新しいことに挑戦してみたい』とのことですが、それだったら、別に『留学』という形にこだわる必要なんて全くなくて、アルバイトで30万~40万円くらい貯めて、毎年、世界のどこかを1カ月くらいかけて貧乏旅行すりゃいいじゃん。
世界の色んな場所を見て廻って、ユースホステルにでも泊まって、世界各国から旅行に来ている若者と、英語でコミュニケーションを取れば、留学に負けず劣らず、自分の視野を広げられて、色んな文化に触れて世界を知ることができるでしょ。(勿論、前もって日本で英語を沢山勉強してから行くんですよ)

『留学』に固執しなさんな。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2020/1/1313:07:03

留学したいと本気で思う子は、勉強が苦になるようなことはないはずなので、一番合理的なのは「現地の学費免除(在籍している大学の授業料は払い続ける)」で行ける交換留学制度を利用すること。

まずは大学に行く。費用の面で保護者が反対しているなら、国公立大学に行き、私立大学進学との間の「差額」を作っておく。その上で、学内で行われる選考試験に合格して交換留学生となる。これでとりあえず、学費の心配はなくなります。現地での滞在費1年分くらいなら、遊びなど一切しないで勉学とアルバイトに励み、足りない分は親に借りて帰国後アルバイト費用をすべて使って返済する、という約束でもすればいいでしょう。そのくらいやる気を見せる我が子にはもしかしたら(ふる袖さえあれば)貸してやってもいい、と親も思うことだってある。また、国公立に合格したら私立との差額の半分でいいから援助してほしい、という交渉をしてみるのもよい。

「長期留学に行くべきか、短期留学に行くべきかわからず、未だに迷っています。」

「べき」でいうならもちろん長期留学です。短期留学に「現地の学費免除」なんてないのだから。もっというなら「交換留学生に選ばれない程度なら留学に行かないべき」だと思いますよ。

大学生がまともなアルバイトで私費留学費用すべてを賄う、というのであれば精々が夏休みを利用しての短期留学(もどき)が限度。それ以上となると勉学に支障を来すことになるのだから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる