ID非公開

2020/1/13 12:27

88回答

創価学会員は「日蓮大聖人直結の信心」だとか言ってますよね。 そして、日蓮正宗第26世日寛上人の書かれた御本尊のコピーに、 一生懸命にお題目を唱えますよね。

創価学会員は「日蓮大聖人直結の信心」だとか言ってますよね。 そして、日蓮正宗第26世日寛上人の書かれた御本尊のコピーに、 一生懸命にお題目を唱えますよね。 血脈があるとか、無いとかで、今の日蓮正宗の悪口を言ってますよね。 そこで今更ながらの素朴な疑問です。 仏教と言うのでしたら、開祖、始祖はブッダ(お釈迦様)ですよね。 お釈迦様~日蓮~日寛~創価の初代・歴代会長~一般の学会員まで血脈はあるのでしょうか。 お釈迦様はインドの人ですよね、それが中国、日本へと伝わってきて、 血脈は、どうもハッキリしないのですが。

宗教262閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

3

学会員の言う「信心の血脈」は単なる思い込みに過ぎません。しかし思い込みが激しいほどその宗教にカルト性も生じます。 あなたの言うとおり、創価に正当性など有る訳が無いのです。 学会員の言う「絶対正しい宗教」も地に堕ちたものです。

画像

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/1/14 12:37

そうなんですよね。 以前の学会員でしたら、 文証、理証、現証とか言ってましたが、 今の人たちは、嘘か本当かも考えずに、ただ信じてるだけ、 地に落ちすぎて、地の底、地獄まででしょうかね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

「単なる思い込み」同感です。

お礼日時:1/14 21:43

その他の回答(7件)

0

血脈を問題にするのは外道の考え方です。 釈尊の教えは断じて「血脈」ではありません。 但し、教法が師から弟子、信者に「正しい信心が伝えられてこそ」本当の血脈と言えるでしょう。 正しい信心が説かれた経典は浄土三部経の中の『大無量寿経』以外にはありません。 正しい信心とは「この世も未来も絶対の幸福に救われる」ことです。 これ以外の幸福は必ず臨終に壊れ去る幸福です。 「仏教」の「仏」は釈尊のことです。2600年前も今日も、未来地球が滅ぶまで「仏教」の「仏」は釈尊に決まっているのです。常識です。日蓮宗でさえ言わないことです。その常識をこの団体は破壊しているのです。 日蓮本仏など狂言に等しいものです。

0

日蓮は密教を批判しました。 秘密相承は仏教ではありません。 密教を批判した日蓮が採用するはずのない考え方です。 富士門流の正嫡は北山本門寺です。 大石寺は日目に任せ、日興は北山で晩年を過ごしました。 もし富士門流が正嫡なら、北山本門寺が正統です。 少なくとも日蓮正宗ではありません。 ご存知のように日蓮正宗の血脈はズタズタです。 日道の時には既に失われています。 創価学会は昭和に出来た新興宗教です。 初代会長の牧口常三郎は日蓮正宗信者から折伏を受けて入信しましたが、如何なる僧侶からも師資相承を受けてません。 信心の血脈と言えば聞こえは良いですが、我こそは日蓮正統教団は、全ての日蓮系教団が主張してます。 創価学会だけが正統とする根拠がない上に、師資相承の証拠がありません。

1

信心の血脈が創価学会にはあります。 あと、日蓮正宗の悪口を学会では言ったりしていません。少なくとも普段の会合では一度も聞いた事はありません。 逆に日蓮正宗の末寺で創価学会の誹謗中傷をしているとの噂は聞いた事があります。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/1/13 18:23

以前、知人の学会員と話していたら、 正本堂は取り壊されて、跡形もなくなってるそうですし、 大石寺は、桜の木は切られ、ペンペン草が生い茂って、 野犬がうろついてるとか言ってましたよ。

1

創価学会員です。 血脈とは、信心の血脈であり、法華経の血脈です。 日蓮大聖人様は 『総じて日蓮が弟子檀那等・自他彼此(ひし)の心なく水魚の思を成(な)して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱え奉る処(ところ)を生死一大事の血脈とは云(い)うなり、然(しか)も今日蓮が弘通(ぐつう)する処の所詮(しょせん)是(これ)なり、若(も)し然らば広宣流布の大願も叶うべき者か』 と仰せです。 教主釈尊の最高の経典は『法華経』です。 インドから中国へ、中国から日本へと仏教は伝来しました。 教主釈尊(インド)から天台大師(中国)、伝教大師(日本)へ伝来した仏教です。 日本で日蓮大聖人様だけが、教主釈尊が民衆に一番説きたかった経典を理解します。 それが、『法華経(南無妙法蓮華経)』であります。 そして、法華経(南無妙法蓮華経)の文字曼荼羅を顕されました。 日蓮大聖人様の信心の血脈、法華経の血脈は、日興上人へと引き継がれ、日目上人、日蓮正宗の歴代僧侶に引き継がれました。 そして、創価学会、牧口常三郎先生、戸田城聖先生、池田大作先生へと信心の血脈、法華経の血脈が流れていったのです。 あいにく日蓮正宗の悪僧が謗法を侵して、正しい血脈は、創価学会しかなくなってしまいましたが、ご心配は無用です。 創価学会には、日寛上人の御本尊様があります。 今や、創価学会の日蓮仏法は、世界192カ国地域に広がり、日本でも最大の宗教となりました。 全世界の学会員にはその信心の血脈、法華経の血脈が流れております。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/1/13 18:35

それでは、ご本尊の原本がある浄圓寺には、 お参りしないのでしょうか。 拝んでいるのはカラーコピーの一枚物ですよ。 表装されてるように見えても、 それも一緒に印刷された一枚物です。 浄圓寺公式サイトなどを見ると、 きれいに整備された立派なお寺です。 電車など交通の便もよく、駐車場もあります。 学会員の皆さんが毎日拝む御本尊の原本を所蔵するお寺です。 本如山浄圓寺公式サイト http://www.joenji.com/

2

そこツッコんだら終わりでしょう 牧口や戸田が、江戸時代か鎌倉時代にタイムスリップしたならいざ知らず 「信心の血脈」なんて言ってるが、だれが主張してもいいのかな?

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/1/13 18:39

だれが主張しても、みんな死んだ人たちです。 誰も文句を言えないでしょう。 これこそ、死人に口なし、です。