ここから本文です

結局、南海トラフはいつ来そうなんですか

アバター

ID非公開さん

2020/1/1312:30:59

結局、南海トラフはいつ来そうなんですか

遅ければ遅い程プレートは引っ張られて反動が凄い、つまり被害は拡大しますよね
必ず来るから早く来てもらった方が良いですよね

閲覧数:
171
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2020/1/1315:27:42

南海トラフ地震はあなたが生きている間に必ず起きる地震です。

でも、今年起きる、や、発生が近い、という話はウソだと思ってよいです。気象庁はそんなことは言っていません。

地震のことを心配している人はたくさんいます。その人達の関心を引こうとして、目立ちたい人が地震のウソをたくさん流しています。大きな地震が来るというと注目されるので、そういうウソを流します。

ネットでも雑誌でもテレビでも同じです。目立ちたい人が地震のウソを言っています。知恵袋にもおかしな回答があります。

気象庁が何も言っていない、あるいは、NHKが何も言っていないときは、その地震の話はウソだと考えてよいです。

信頼できる情報がどこにあるのか、を考えてネットを使うことがとても大事ですね。

過去の南海トラフ地震を見ると前の地震からの間隔と地震の大きさには関係がありません。現在すでに十分大きなエネルギーが貯まっているのは、前回の使い残しとそれ以降にプレート運動によって貯まったものの合計です。

この機会に、気象庁がまとめた南海トラフ地震の話を見ておくことをおすすめします。
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/nteq/index.html

  • pse********さん

    2020/1/1315:31:19

    いつもの不正確な回答者さんですが、「過去の南海トラフ地震が発生した時の確率」の図は完全な間違いです。何度も指摘されていますが、間違っていると理解できないようです。数学を学べばよいだけなのですがね。

    具体的には累積分布関数をつかってはいけないケースで使っています。累積分布がどういうものか知らないのでしょう。

    「東北地方太平洋沖地震前後でのプレート構造変化」もありませんので、図は間違っています。気象庁が一般に公開している震源データを図にしているのですが、基礎知識がないので正しく使えていません。物理も地震学も数学もご存知ないのでしょう。

    勉強すれば自分が何を知らないかに気付くことができます。気付きたくないという人はいるかもしれませんが、かわいそうですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/1/1517:00:25

「いついつです」との断言調の回答を質問者さんは信用しきるんですか。

信用しないでしょ? さらに「こういうことを言っている人がいるけど本当ですか」って、質問をあちこち広めて回るだけ。意味ない質問なんですよ、キリなくなるだけで…

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/1/1313:13:17

政府の地震調査研究推進本部では、2013年に『南海トラフの地震活動の長期評価(第二版)』を作成していますが、地震学者たちは2001年に使った『時間予測モデル』が科学的に否定されたのを知っていましたので、他の断層などと同じ評価手法へと改めようとしました。
評価手法を正すと発生確率は大幅に引き下げる事になります。

地震学者たちだけで評価報告書をまとめてしまえば問題はなかったのですが、発表前に『政策委員会』との合同部会へと持ち込まれることになり、そこで政策委員会側の委員からクレームが付いたために、正しい数値へ改めることができなかった経緯があります。


● 南海トラフ80%の内幕(4)変更への反発
ニュースを問う - 2019年11月10日 朝刊
https://www.chunichi.co.jp/article/feature/newswotou/list/CK2019111...

一部の取材拒否を除いて多くの人が重い口を開きながら、科学的な根拠が希薄なことを認め、高い確率のみの公表で押し切られた経緯、じくじたる思いを口にした。

○ 京都大防災研究所の橋本学教授(現所長)
海溝型分科会(その2)委員 2011/08/00~2016/03/31

地震調査の評価は科学のみに基づくべきだった。
専門家ばかりの会議ならそれが当たり前。
現実は科学をゆがめる結果になった。大失敗だ。
防災の観点から、確率が下がるのは困る、ということになった

(委員間で回覧したメール)
『現時点の知見に基づいて計算すると確率が下がる』
という事実を隠すことは、やってはいけないことです。
『従前の確率計算の考え方「時間予測モデル」には問題があり、
このメンバーで議論した結果、これこれの考え方に基づいて計算した。
その結果は下がることとなった』と正直に述べるべきだと思います。
この点に触れずに発表した場合、いずれ誰かが計算し、
『情報を隠した』と大騒ぎになること必定です。
その際の信頼の喪失は致命的と考えます。


○ われわれ防災行政を預かっている者
南海トラフは備えを急がなければならない。
防災の理解を得るためには発生確率が高い方がいいということ。

下げると『税金を優先的に投入して対策を練る必要はない』
『優先順位はもっと下げてもいい』と集中砲火を浴びる。

何かを動かすというときにはまずお金を取らないと動かないんです。
南海トラフ地震対策を必死でやっているところに、
こんな確率を下げることを言われちゃったら根底から覆る。

==================================

記事では「われわれ防災行政を預かっている者」として書かれていますが、行政担当者ではなく、行政が発注する土木事業を手掛けるスーパーゼネコンの女性社員でした。

この『ゴリ押し』とも言えるごね方で、科学は捻じ曲げられ、正しい数値を公表できなくなったために、政府も国会も行政も騙され、ニュース報道では信じ込まれた虚偽が拡散し、国民は騙されて税金が上がるのも容認させられる事態へと陥ったのです。

儲かるのは土木事業を手掛ける『われわれ防災行政を預かっている者』という仕掛けが作られてしまったわけです。

一連の流れは中日新聞の『ニュースを問う』へ、記者さんが実名公開の上で掲載する責任記事(全7話)となって公開されています。

●ニュースを問う:中日新聞(CHUNICHI Web)
https://www.chunichi.co.jp/article/feature/newswotou/list/


さて実際の地震は、周期性があるように起きるわけではありません。
※ 『時間予測モデル』が否定されたのも、この単純明快な理論を背景としたものです。

つまり余震として発生する地震以外のピーク地震は、前回の時期や規模などに関わりなくランダムに起きるとしか言えないわけで、次の時期を特定するかのような予測はできないことになります。

しかし長期間の観察を続ければ、その平均的な発生間隔は求めることができ、その年数に対して確率を求める事はできますが、周期性を持たないがゆえに、その年数付近でか必ず起きるわけでもなく、非常に幅広い期間としてしか言えなくなるわけです。

南海トラフ地震の場合は、平均発生間隔がおよそ140年で、前回よりその年数に達した時点で確率63%ほどとなります。
最後に起きたのが1946年の昭和南海地震ですから、2086年頃に確率63%となるわけです。

半分程度より少し下回る確率45%となるのは84年経過時点ですから2030年頃、確率90%まで高まるのは322年後の西暦2268年頃で、さすがに過去の経緯も踏まえると確率90%に達するまでには起きるでしょうとしか言えない程度です。


ちなみに徳川将軍家が264年間にわたり支配した江戸時代、その15人の征夷大将軍で在位中に南海トラフ地震を経験しているのは3人しかいません。

●慶長8年(1603年) 征夷大将軍に就任
徳川家康 - 1605年 慶長地震(没前9年)

●延宝8年(1680年)征夷大将軍に就任
徳川綱吉 - 1707年 宝永地震(没前2年)

●嘉永6年(1853年)征夷大将軍に就任
徳川家定 - 1854年 安政地震(没前2年)

6人は幼少期であったり、就任前です。

徳川秀忠 - 1605年 慶長地震(将軍就任前)
徳川家光 - 1605年 慶長地震(1歳ごろ)
徳川家宣 - 1707年 宝永地震(将軍就任前)
徳川吉宗 - 1707年 宝永地震(将軍就任前)
徳川家茂 - 1854年 安政地震(8歳ごろ)
徳川慶喜 - 1854年 安政地震(将軍就任前)

そして、残り6人は、全く関係のない時代に生きていました。

徳川家綱 - 【 経 験 な し 】
徳川家継 - 【 経 験 な し 】
徳川家重 - 【 経 験 な し 】
徳川家治 - 【 経 験 な し 】
徳川家斉 - 【 経 験 な し 】
徳川家慶 - 【 経 験 な し 】

この程度に『なかなか起きない地震』なのですから、早々に慌てる必要はないわけです。


● 過去の南海トラフ地震が発生した時の確率
※ 指数分布の累積分布関数を利用し正しく計算されたグラフです。
(参考) 累積分布関数
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AF%E7%A9%8D%E5%88%86%E5%B8%83%...
(このページにある指数関数のグラフと基本関数は同じ)

政府の地震調査研究推進本部では、2013年に『南海トラフの地震活動の長期評価(第二版)』を作成していますが、地震学...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2020/1/1312:36:22

いいのですか?
今の全てが壊れて無くなるのに?
まぁ、一緒に命も無くなってくれたら一番いいよね。
生きている方が面倒くさいし。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる