ここから本文です

南海トラフでゆっくり滑りが観測

アバター

ID非公開さん

2020/1/1609:45:53

南海トラフでゆっくり滑りが観測

今年中に起きる可能性はありますか?

閲覧数:
449
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2020/1/1611:12:36

ゆっくりすべりと南海トラフ地震は関係ないです。ネットで騒いでいる人は地震の専門家や研究者ではないです。

まず、そのニュースは2011年から2018年までのデータを解析した研究成果の紹介です。今現在起きていることではありません。

そして、スロースリップは毎月起きています。

地震の直前に起きるかもしれないスロースリップと、いつも起きているスロースリップは全く違うものです。起きている場所が違うというのが最大の違いです。そのような基本的なことを知らない人がネットで騒いでいます。

記者さんもよくわかっていないようで、おかしな記事を書いていますね。

本当に心配が必要なときは気象庁が発表します。ですから、気象庁のサイトを検索して見に行きましょう。気象庁が何も言っていないときはいつも通りの警戒心でよいです。

ネットにも知恵袋にも不正確な情報がたくさんあります。どこに行けば信頼できる情報があるのかをよく考えましょう。

  • pse********さん

    2020/1/1715:18:44

    いつもの不正確な回答者さんですが、スロースリップはは「はプレートが潜り込む時に上側のプレート下部を破壊して削り落としている現象」ではありません。プレート境界面がズレるという現象です。動く方向はプレートの沈み込みと逆方向です。

    高校理科で習う程度のプレートテクトニクスの基本を知らないのでしょう。何度も指摘されていますが勉強しようとは思わないようです。かわいそうですね。木村学「図解・プレートテクトニクス入門」のように分かりやすい本があるのにねぇ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「南海トラフ ゆっくり滑り」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/1/1610:57:04

スロースリップはかなり頻繁に起きている現象です。
スロー地震として観測できるケースも少なくなく、気象庁が公開している毎日の地震記録にも度々登場します。

原理的にはプレートが潜り込む時に上側のプレート下部を破壊して削り落としている現象です。
同じ構造を持つ境界であれば、物理学的には同じ現象が生じるのであり、小規模に続いているだけなら正常なプレート潜り込み活動に伴った現象の一つですから、普段は特に問題ありません。

● スロースリップ で起きていること
https://ameblo.jp/yoshimysan/entry-12567370005.html
(詳細はブログ記事に書いています)

● スロースリップ発生域の断面構造
※ 今治市付近

スロースリップはかなり頻繁に起きている現象です。...

mam********さん

2020/1/1609:56:26

滑っている間は応力が蓄積されので地震は発生しません
滑りが止まって変形が大きくなると大きな地震が発生しやすくなるのです

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる