ここから本文です

占い師とか自称霊能者のような他人の不幸で飯を食っている人たちは、みんなもっと...

不死身の雌猫さん

2020/1/1712:46:02

占い師とか自称霊能者のような他人の不幸で飯を食っている人たちは、みんなもっと不幸になれと腹の中では思っていますか?

補足占い師とか自称霊能者に救われる人なんて世の中にいないよ(-_-)
あんなのに頼るとますます不幸になるだけだよ┐(´д`)┌ヤレヤレ

閲覧数:
170
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/1/1720:49:56

お金に執着のある占い師は確かに胡散臭いですね。

占いに頼る人たちも自信が無い人たちですね。

どちらも執着心が強くて
人の話を聞き入れるだけの余裕も無い・・・

我執が強いだけです。

質問した人からのコメント

2020/1/19 11:30:22

ここで何人かの占い師たちと関わったけど、みんなもの凄く常識からずれていて、話が全く噛み合わず、色々と変です(-_-;)
(はっきり書くと削除されるので湾曲な表現となっております)

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

toy********さん

2020/1/1821:47:00

思っているでしょうね!
まっ、金になればいいのでしょうけど!

ufo+15さん

2020/1/1800:35:30

上品で穏やかな話し方をする占い師なら信頼できます。
また、そう言う人は研究心も深く鑑定料は一般的です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

占い師や霊能者に救われる人は世の中にいますよ。
スピリチュアル市場は最低でも一兆円と言われてる大規模。
信じればプラシーボ効果で、副作用も無く病気が治っちゃうし。

医者のお薬には、麻薬コカインヘロインと同様のとても有害な代物がある。
普遍化してはいけませんね。
薬は副作用があり、しかも飲み続けると段々利かなくなるので量が増えていきます。
アメリカでは麻薬性鎮痛薬・精神薬オピオイドの中毒蔓延の過剰摂取で
交通事故よりも多くの人が死んで社会問題になってるらしい。


発売から30年 睡眠導入剤「デパス」に深刻な副作用が次々と
1/7(火) 11:02配信

デパスは田辺三菱製薬が開発。’83年9月に承認され、’84年3月から発売された。不眠や不安、頭痛を解消するとして、広く服用されてきたのだが――’16年10月14日、「麻薬及び向精神薬取締法」(麻薬取締法)によって、突如、「向精神薬」に指定された。コカインやヘロインと同様に規制対象となったのである。

◆すべての服用者にリスク

このクスリの恐ろしさは、医師の指示通りに服用しても依存症になってしまう点にある。やめようにも「離脱症状」と戦わねばならなくなる。服用量を急激に減らしたり、中止することで痙攣(けいれん)発作、せん妄(時間や場所がわからなくなる、論理的な会話ができないなどの症状)、不眠、幻覚、妄想などに襲われるのだ。

アバター

ID非公開さん

2020/1/1715:48:23

そういう風に卑屈な考えは
持ち合わせていません。

2020/1/1713:36:35

他人の不幸で、飯を食べている仕事は、ほとんどですよね❗


坊さん 葬儀社 医者 弁護士などが、代表的な仕事です❗

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる