ここから本文です

中国によるミサイル飽和攻撃からの人海戦術による上陸作戦が日本に対して行われた...

アバター

ID非公開さん

2020/1/1800:49:55

中国によるミサイル飽和攻撃からの人海戦術による上陸作戦が日本に対して行われたらどのように対処しますか?

ちなみに米軍抜きで自衛隊だけで対処するとします。
また核は使ってきません。

閲覧数:
58
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zbr********さん

2020/1/1820:54:06

米軍抜きで自衛隊だけだったら通常兵力限定であろうとも中国には勝てません。潜水艦で少々の嫌がらせ…ぐらいが関の山です。

徹頭徹尾、アメリカの介入がないのであれば対処方法は早期の降伏しかありません。
放っておけば負けが完敗になるだけですからね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

武装警察さん

2020/1/1818:14:34

自衛隊はアメリカ軍抜きでは日本を防衛出来ません。

oba********さん

2020/1/1817:58:19

艦隊が接近する前なら潜水艦と護衛艦のSSM&空自はASMで撃退、
上陸開始されたらおしまいです。
陸自は創設以来本土決戦の装備体系になっていて、初期の61式も
最新の10式も装甲ペラペラで待ち伏せ攻撃用の駆逐戦車です。

日本の防衛は自衛隊の専権事項で、在日米軍は行いません。
在日米軍が日本を防衛するとなると自衛隊の指揮下になって
アメリカに色々不都合だからです。

bd9********さん

2020/1/1809:34:43

上陸作戦?
わかってないね。
資源もなく
ジーちゃんバーちゃんだらけで
負債まりれのこ島国に占領して何が得する?
占領コストは誰が払うの?
中国人はそこまで馬鹿だと思うの?
占領などよりは
戦争で勝利を手にして言いなりにさせれば良い。
空自と海自が敗戦した時点で、全てが終了。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mat********さん

2020/1/1808:28:17

まず基地を出るのが基本です。基地を出て移動していれば基本的に被害を受けません。

弾道ミサイルや巡航ミサイルはあらかじめ目標の位置を入力して発射します。つまり目標の位置が常に変わる。つまり移動する目標には対応できません。
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20130526-00025212/

なので陸上自衛隊や海上自衛隊は基地を出て、移動すれば遠く離れた中国からの長距離ミサイル攻撃は殆ど受けません。
それで少なくとも数日から一週間程度は作戦が可能ですし、補給は陸上部隊は野戦補給が可能ですし、護衛艦隊は洋上補給や民間の港を利用する方法もある。

よって海上自衛隊と陸上自衛隊は大きな損害を受けずに中国軍を迎え撃つ事ができるでしょう。
この時点で九州などの本土上陸は不可能となります。中国軍の今の揚陸艦で運べるのはせいぜい一万人。本土を占領するようなことは到底不可能です。

沖縄の場合は問題となるのは制空権です。
戦闘機は基地から移動できても補給や整備は基地で行うしか無く、基地を破壊されると一日もたたずに戦闘機は燃料を使い果たして戦闘不能となります。

中国の弾道/巡航ミサイルで沖縄周辺のレーダーサイトや航空基地はあらかた破壊されるでしょう。しかし同時に沖縄には自衛隊の対空ミサイル部隊も集結しているため、中国も簡単には沖縄の部隊を撃破することはできず、動員できるミサイルの半数以上を使い果たすはずです。

そこで「いったん不利な沖縄では戦わずに逃げて九州を基地として迎え撃つ」
沖縄の対空部隊に頑張ってもらい中国軍を消耗させる間に航空自衛隊はいったん沖縄を放棄して九州へ撤退する。そして九州に部隊を集結させて、九州から出撃して決戦を挑む。

当然、中国軍は九州へもミサイル攻撃や航空攻撃をかけてきますので、対空ミサイル部隊も九州へ集結させ迎え撃つ。海自の護衛艦隊も九州防衛に全力を挙げる。
また基地などの滑走路を破壊されても復旧する。西部方面隊は今でも破壊された滑走路の復旧訓練をやっていますので、数日で復旧が可能です。
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20130526-00025212/
さらに復旧する間は全国に無数にある民間空港なども基地として利用する。こうして九州の航空戦を維持する。

中国空軍の戦闘機で沖縄や九州まで飛べる長距離戦闘機は30%程度ですので、それを九州-沖縄間の航空戦で消耗させる。それらが消耗して息切れしてくれば勝敗は決します。
沖縄の制空権さえ奪取すれば中国の空母艦隊がいてもF-2攻撃機の対艦攻撃で一掃できますし、仮に沖縄へ中国軍が上陸していても艦隊を撃滅すれば孤立させることができます。

このように長距離のミサイル攻撃というのは動かない基地などを攻撃するもので移動する戦車や艦船を攻撃するのは難しく、それだけでは敵国の部隊を撃滅することはできません。
結局は陸海空の総力戦となる。特に空の戦いでどちらが沖縄周辺の制空権を奪うか?で勝敗は決するでしょう。

mak********さん

2020/1/1806:11:27

eb7さんがおっしゃるようにゲリコマ以上の部隊の本土上陸を許すような状況だと降伏ですけど、でも主様の提示する条件にも無理があるんで。。。

米軍抜きで自衛隊が戦うということはありえないんですね。自衛隊が戦争状態に入ったら米軍が救援を遣すことは約束なのです。

まあ、米軍頼みってどうなの?という意見もあろうかと思いますが、昔のようにたった一人の特使が相手国と話をしてその腹を読むというのでは、折角同盟を結んだっていざとなれば相手国に約束を反故にされないとも限りませんけどね。現代では各レベルで様々な人が交流を深めていますから、アメリカがある日突然同盟を破棄してくるなんてことはありえません。そういうことをしてくる時には、それなりの予兆があるはずです。アメリカとの同盟関係を信頼して良いなら、アメリカも日本が完全に独自の国防体制を築くよりアメリカを頼ることを期待しているから、だったらお互いが利するwin―winの関係ということで良いんじゃないでしょうか。

とにかく日本はアメリカとの同盟関係を前提に軍備を整えています。そして米軍の救援が来るまでなんとか持ちこたえるために、敵の本土上陸を許した後も時間稼ぎができるようにと陸上戦力も充実させているのです。

それを米軍抜きで戦えということなら、日本は根本から国防体制を変えざるをえないわけで、何もかにもが現状とは違ってきます。答えるに答えづらい。はっきり言って、宇宙人が攻撃してきたらどう反撃しますかというのと同じくらい答えづらいです。どんな宇宙人がどんな規模でどんな攻撃をしてくるのか、まるで分からないのに、それに対する反撃を答えられます?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる