ここから本文です

新築 アース付コンセントについて 新築工事のコンセントについて教えてください...

sho********さん

2020/1/1823:22:50

新築 アース付コンセントについて

新築工事のコンセントについて教えてください。
通常の2口コンセントから変更してオプションでアース付きコンセントが選択できます。

アース付きコンセントは内部ですべて地面に接地する配線が施されているので、家電を挿して使っていなかったとしても壁内に走っている電線の磁場がだいぶんましになると説明を受けました。

電磁波を気にする性格で磁場が弱くなるなら導入したいと考えています。アース対応の家電はそんなに持ってはいないのですが、コンセントをアース付きにすることで上記のように磁場がましになりますか?

またアース付きコンセントでも種類が2種類あるようですが、この2つで性能差はどんな部分がありますか?


1.上下ともに普通の2穴コンセントだが、一番下に蓋を開けてアース線を固定する窓?があるもの(アース付コンセントと呼ばれていました)

2.3穴プラグがさせる口をもっているコンセントが上下2つあるタイプ(アースターミナルコンセントと呼ばれていました)
1.のアース付きコンセントより1000円/箇所高くなります。


まとめますとこうです。
Q1.接地配線がされたアース付きコンセントは家電を使っていなくても壁内の磁場がましになりますか?

Q2.アース付きコンセントの種類によってどんな性能差がありますか?またどちらを選ぶべきでしょうか?

何卒宜しくお願い致します。

閲覧数:
46
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jikkenlabさん

2020/1/1901:31:04

>電磁波を気にする性格で磁場が弱くなるなら導入したいと考えています。

電磁波や磁場はあまり気にしないで下さい。
でもアース付きの方が良いでしょう。

後から工事するのは中々大変だからです。

自分は以下のようなコンセントを全面的に採用するようにすすめています。

https://www2.panasonic.biz/scvb/a2A/opnItemDetail?use_obligation=sc...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/1/2109:21:55

先ず、アースの目的を考えます。
家庭のアース線は万が一漏電した時に人や建物に電
気が流れない様に地面と繋げておくものです。
例えば、テレビの様に外側がプラスチックで出来て
いれば、中で故障しても人体や建物には触れませ
ん。
所が、冷蔵庫や食洗機等の様に外側が金属で出来て
いる物は触れてしまう可能性があるので、外側と地
面を繋げておきます。

これとは別に、漏電ブレーカーが付いていて万が一
漏電した時には遮断されます。

アースの口は何方でも同じ事です。
相手機器がどうなっているかで合わせるだけです。
決まっていれば合わせておけば良いとも言えます
が、わからなければあきらめて、コンセントの差込
口を購入して繋げば対応できます。
100均辺りでも売っています。
(逆の意味合いの物もあります。)
https://store.ponparemall.com/denzaido/goods/4989602297468/

アースの目的は他にもあります。
工場等ではノイズと言う物が発生します。
出さない様にしたり、フィルターを付けて影響しな
い様な対策をしますが、アースと言うやり方もあり
ます。
但し、アースを繋ぐ事で逆にノイズが来る事もあり
ます。
1番効果があるのは影響する電線と距離を離すのが
効果があります。
たったの10cm離しただけで解決した事もある位で
す。
家の中はノイズの発生する物は限定されていて、そ
こと距離を取れば充分と言う事なのだと思います。

これらを考慮しないで引回すと影響する可能性も
あり得ますが、話の様子ですと任せても問題ないと
私は思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

R48さん

編集あり2020/1/1901:43:09

それ、キッチンやエアコンのコンセントもオプションならふざけた業者ですよ。
今の内線規定では冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、エアコンなどアースが必要な機器を置く想定のコンセントはアース工事をしなければなりません。

電磁波は関係ない、地球自体に地磁気があるから気にしたら地球では暮らせない。
コンセントのタイプが違って価格差1000円はふざけている。素人だと思ってぼったくり、総額値引き交渉か業者を変えるかです。

rap********さん

2020/1/1901:33:36

Q1.

何処の人による説明かわかりませんが、まず、壁内の磁場など「電流が通っているから」発生しているだけの電磁波など極めて弱いものです。
アースが必要になるのは「消費電力の大きい家電」を使用して、「破損」等で正しく電流消費が出来なくなった際、そこに触れることなどで「感電すること」や、機器そのものの破損を未然に防ぐためのもので、電磁波対策としての効果はありません。

電磁波というのは「電場の変化が磁場を変化させる」「磁場の変化が電場を変化させる」という「相互の変化が伝わる現象」なので「交流電流が流れている」時点で電磁波は発生するので、アースしても「余計な電荷が減った分」しか変わりません。

そもそも「壁の中からの磁界の強さ」などが無視できるほど極めて低い値です。
家電製品の電磁波なども「電力を消費する」から電磁波が強くなる(=消費電力が大きいほど電磁波も強くなる)ものなので、壁の中にある、消費してすらいない「電気配線」から大きい磁界など発生するわけがありません。
確かに数字上は減ったように見えるでしょうが「体に影響のある強さの数十万分の1」から「体に影響のある強さの数百万分の1になる」くらいの差にしかなりません。

参照までに、ICNIRPという「国際的に使用されているガイドラインを定める機関」の規制値(安全確認が出来た値の1/100)が200マイクロテスラ=2000ミリガウスとなっています。
日本ももちろんこの基準を厳守しています。

Q2.

上に書いたようにアースを使用するかどうかは、万が一の時の感電などのリスクを減らすためです。
一方で、ほぼ起きえない話ではありますが、接地している側に何かあった場合(落雷などがあった場合)、アース側の電圧の方が高くなってしまって、電流がアースを取り付けている家電製品に逆流するということもあります。
(逆流雷や侵入雷と呼ばれるもの)

滅多にあるわけではないですが、一応のリスクとしてこういう物もあるということで、どちらが良いかはご自身で判断されるべきかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる