ここから本文です

水虫について

アバター

ID非公開さん

2020/1/2210:09:47

水虫について

足の水虫と爪水虫(爪先表面)を発症し、2ヶ月間外用薬で治療し、なくなった薬をもらうために受診したら、爪水虫も濁りがなくなったので、もう大丈夫でしょうと言われました。
不安なので薬を頂きましたが、これが終わればあとは再発しないよう気をつけていけば大丈夫でしょうか?

閲覧数:
47
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koy********さん

2020/1/2514:57:14

白線菌はしつこいですのでこれからも気を付けて治療した方が良いと思います。白癬菌は角質層にあるケラチンというタンパク質を栄養にしています。白癬菌はケラチナーゼという酵素を持っており、皮膚の角質層や爪のケラチンという物質を溶かして、栄養源として増殖します。そして皮膚や爪の内部に入り込み、薬が白癬菌が届きにくく、直るまで時間が掛かります。そのため、爪水虫などは内服薬となります。見た目に症状が消えても、爪や皮膚の内部にいる白癬菌はしぶとく生きているのでしばらくは薬を続けた方が良いようです。水虫患者が居ると、部屋の中は菌がいっぱいです。白癬菌除菌には、菌が入りやすい靴の中、足ふきマット、絨毯などにスプレーすることにより、トータル的に水虫菌の除菌をした方が効果的なようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ch0********さん

2020/1/2511:54:38

んー足に関しては2か月でいいと思いますが、爪に関しては通常半年は必要だと思いますけどね

まぁ、完治しても、再発に気を付けることは当然必要ですが

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる