ここから本文です

毒劇法で指定されている物質を無許可で所持していると捕まりますか?

hom********さん

2009/1/322:52:36

毒劇法で指定されている物質を無許可で所持していると捕まりますか?

補足特定毒物以外ではどうなんですか?

閲覧数:
2,032
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jik********さん

編集あり2009/1/601:13:11

一応書いておきますね。
塩素酸塩やナトリウムやピクリン酸なども使用する正当な理由が無い場合の所持も罰則の対象です。
許可が必要というわけではありませんが所持には「正当な理由」が必要です。

なお、毒物及び劇物取締法以外にも所持を規制する法律や条例が複数ありますので注意が必要です。

毒物及び劇物取締法
(昭和二十五年十二月二十八日法律第三百三号)
第三条の四 引火性、発火性又は爆発性のある毒物又は劇物であつて政令で定めるものは、業務その他正当な理由による場合を除いては、所持してはならない。
第二十四条の四 第三条の四の規定に違反した者は、六月以下の懲役若しくは五十万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

毒物及び劇物取締法施行令
(昭和三十年九月二十八日政令第二百六十一号)

第三十二条の三 法第三条の四 に規定する政令で定める物は、亜塩素酸ナトリウム及びこれを含有する製剤(亜塩素酸ナトリウム三十パーセント以上を含有するものに限る。)、塩素酸塩類及びこれを含有する製剤(塩素酸塩類三十五パーセント以上を含有するものに限る。)、ナトリウム並びにピクリン酸とする。

質問した人からのコメント

2009/1/10 23:52:47

ありがとうございます。参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

thi********さん

編集あり2009/1/414:40:45

毒物及び劇物取締法
第三条の二
10 毒物劇物営業者、特定毒物研究者又は特定毒物使用者でなければ、特定毒物を所持してはならない。

第二十四条 次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 第三条、第三条の二、第四条の三又は第九条の規定に違反した者

というのはありますね。
他にも所持で罰則があるものはありますので、詳しく知りたいのでしたら、全文を読んだほうがいいでしょう。
------------------------
補足
>特定毒物以外ではどうなんですか?
ものによってさまざまです。
毒劇法では上記のものが一番重い罰則ですので、これを参考にしておけばいいでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる