ここから本文です

テレビのアンテナ接続ですが、現在主流のF型端子はいつ頃登場したのでしょうか?

rag********さん

2020/1/2307:19:36

テレビのアンテナ接続ですが、現在主流のF型端子はいつ頃登場したのでしょうか?

(30年前の平成初期には存在を確認できる)

またプラグが一体成型で壊さないと同軸ケーブルを剥けないアンテナケーブルが主流になったのはいつ頃ですか? ファミコンの取扱説明書には「プラグを外してRFスイッチに直付」と書かれているのに外せずに困った人は多いと思うのですが。

閲覧数:
40
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

owy********さん

2020/1/2307:51:53

開発自体は1950年代初頭で1970年以降フィーダー線から同軸に
変わりだした頃から普及しだしたらしい、日本でも難視聴共同受信
システムなどでは意外と早くから使われてました私が自分でアンテナを
いじりだした40年前にはFMチューナーは端子がF型でしたしビデオ
デッキもワンタッチ型が付属してました。

1950年代初頭、Jerrold Electronics社におけるケーブルテレビの研究中に、Eric E. Winstonによって開発された

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる