ここから本文です

SSDの容量が128GBから、その倍々になっていくのと他方120GBとか240とかがあるのは...

ステオさん

2020/1/2309:21:26

SSDの容量が128GBから、その倍々になっていくのと他方120GBとか240とかがあるのはメーカーによって容量の基準が違うということですか?

ただ128GBという数字の倍数が多いのは何か理由があるのでしょうか?
もしメーカーによって容量を自由にできるなら例えば125GBというのもあってもよさそうなのに、そういう数字はないですね?
128にはどういう意味があるのでしょうか?

閲覧数:
104
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/1/2309:53:17

まあ、基本的にコンピューターは2進数で動いていて、2の累乗が区切りの良い数になる。

で、パソコンパーツやプログラムを作っている側は2進数4桁を1桁にした16進数でモノやアプリを作ってるので、16の累乗 16,256,4096,65536・・・・が区切りの良い数になる。

ただ、容量が増えていくにしたがって、この法則に合わないものが増えてきてはいるけど、基本的に「2の累乗」がデジタルの基本なので、多くの製品は2の累乗単位の規格で制作されている。

ちなみに、120GBのSSDって、中身は「128GBのフラッシュメモリが入っているが、8GBは予備領域・代替領域(Over Provisioningという)としてユーザーから見えないようにされている」ものが多く、「実質128GB」なんです。

最近の大容量SSDは予備領域がないものも増えているので一概には言えないけどね。

240GBとか480GBとかって容量で作っているメーカーは「120GBのモデルがベース」になっているので多くの場合240GBモデルや250GBモデルなら256GBのフラッシュが載っている場合が多いけど、コストダウンのためにそこまで予備領域作ってないメーカーも多く、必ずしも「実際に搭載されているフラッシュROMが128GBの倍々とは限らない」ですね。

もっとも、フラッシュROMのチップあたり容量も年々増加してます。

現在最大容量は1チップ1Tbit=128GBでしょう。これを4個搭載すれば480GB~512GBのSSDが制作できます。

で、予備領域が必要かどうかは主にコントローラーの仕様による。

だから、128GB系か120GB系かってコントローラーの仕様で分かれている、という結論になる。

質問した人からのコメント

2020/1/26 02:49:14

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2020/1/2309:28:56

コンピュータの単位は2進数であることから区切りのいい数字であることと、
SSDの容量設計(オーバープロビジョニング)による違い。

dam********さん

2020/1/2309:22:59

機械は2進数的進化をしてるから

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる