ここから本文です

イスラエルの問題を小学生にも分かるように簡単に分かり易く教えて下さい。

アバター

ID非公開さん

2009/1/510:37:58

イスラエルの問題を小学生にも分かるように簡単に分かり易く教えて下さい。

元々誰の土地だったのですか?

中立の立場の方にご説明お願いします。

補足皆さんどうもありがとうございました。

大昔はユダヤの人の土地で戦争で負けて追い出されて
20世紀にドイツなどで迫害を受けて本来の地へ戻ってきたのですね。
しかしその地は既にアラブの者が2000年も長く住んでいた土地で
国連でイスラエルは決められた土地以上に占有してしまい
実行しなかったのでアラブの反発を招いたのですね。

イスラエルの方が約束を守ってない面では悪いのですね。
イスラエルに経済制裁しないのですか?

閲覧数:
90,012
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p69********さん

2009/1/517:15:46

ここのイスラエルという国は、ユダヤ教を信じているユダヤ人たちが、第二次世界大戦の後の1948年に作りました。それまで、このあたりは「パレスチナ」と呼ばれ、アラブ人が住んでいました。イスラエルを作ったユダヤ人は、今から2500年以上前に、このあたりに住んでいたのですが、国が滅びてから世界各地に広がりました。
このユダヤ人は、ヨーロッパなどでいじめられ、特に第二次世界大戦中には、ドイツで600万人のユダヤ人が殺されました。このため、ユダヤ人たちは、自分たちの国を作ろうと考えたのです。このあたりの土地について、ユダヤ人が信じているユダヤ教の「旧約聖書」で、神様がユダヤ人に与えると書いてあるからです。

しかし、イスラエルという国を作る場所にはアラブ人たちが住んでいました。このため1947年、国連はパレスチナをユダヤ人が住む地域とアラブ人が住む場所に分けることを決めました。
ところが、イスラエルという国ができたことに、周囲のアラブ人の国が怒り、イスラエルに攻め込んで、戦争になりました。これが中東戦争で、4回もの戦争で、国連がアラブ人の住む場所と決めていた地域を、イスラエルが占領してしまいました。これが、「ガザ地区」と「ヨルダン川の西岸」です。
この結果、パレスチナに住んでいた人たちが、自分たちの土地を取り戻そうとイスラエルに対抗して戦いを始めます。

イスラエルとパレスチナの人たちの争いは長い間続き、多くの人が犠牲になりましたが、1993年、イスラエルが占領していた場所からイスラエル軍が引き揚げて、パレスチナの人たちが、自治=自分たちで政治をやっていけるようにしようという約束をしました。
この結果、イスラエル軍はガザ地区から引き揚げました。また、ヨルダン川西岸からも、少しずつ引き揚げてパレスチナ人に任せることになっていたのですが、こちらについては、イスラエル軍の引き揚げが予定通りに進んでいません。

また、これに反発したパレスチナの人たちの中には、ユダヤ人を襲って殺したりするテロが相次ぎ、これにイスラエル側が反発するという繰り返しが続いていました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「イスラエル パレスチナ問題」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bir********さん

2009/1/512:32:28

ユダヤ人の定義は、ユダヤ教を崇拝してユダヤの戒律を守れば
何人もユダヤ人というもので、先天的だけでなく後天的にも
ユダヤ人になれることを意味していて現に今、中国系ユダヤ人
日系ユダヤ人、アフリカン・ユダヤ人、あらゆる人種のユダヤ人が
いると聞きます、それは今も昔も不変であり
この民族の本質は、血や地理に縛られ得ないものであり
長い歴史で国を持たない民族だったとはいえ
世界中に散らばるユダヤ人すべてがイスラエルの約束の地と
称するカナンの地を至上に思っているかは怪しいもので
世界各地に住んでいるユダヤ人たちは多くは
郷に入れば郷に従えと順応に生きている人々です。
しかし、第二次大戦後の混乱の世界では
特に欧州で迫害されたユダヤ人たちは
民族固有の祖国の国家を持たない
不利を痛感していて今のイスラエルのある地への移住を
積極的にして建国を目指したといいます。
その地は元々、ユダヤ人は昔から住んでいて
アラブ人とユダヤ人が半々の割合で住んでいて
第二次大戦後ユダヤ人が欧州から多く移ってきて
当時までは、その地はイギリスが植民地に
していて
イギリスは2重の約束、その地のアラブ人には
アラブの国として独立を認めようといい
その地のユダヤ人にはユダヤの国として独立を
認めようといい、この2重の約束もあって
両民族は互いの独立を巡って戦闘になり
ユダヤ人は独立戦争を戦い
アラブ人は外のアラブ諸国の支援で
両陣営は戦争をして、そのあと
戦争に勝ったユダヤ人がイスラエルを建国して
その地のアラブ人がイスラエルに迫害され
パレスチナ解放機構などの反イスラエル
闘争組織が戦いを継続して
いまのハマスやヒズボラも その闘争組織
から派生した団体

kum********さん

2009/1/511:16:17

昨日別のところで回答したものです。

古代のイスラエルは現在のイスラエル国があるあたりにあったようですが、紀元前に戦争に負け滅亡しました。その土地に残留したユダヤ人もいましたが、大部分は欧州に離散していきました。第一次大戦で、英国軍は、オスマントルコ(イスラム教)と戦い、オスマントルコの版図に入っていた現在のパレスチナ地域を割譲させ、自国の委任統治国としました。第二次大戦後、ドイツによるユダヤ人迫害が明らかにされ、ユダヤ人の中に古代イスラエルの地に帰る運動が盛んになり、アメリカ、ソ連の圧力もあり、英国は自国の委任統治刻であったパレスチナの地を、イスラエル国、パレスチナ(イスラム教・アラブ人)に分割しました。同時に土地の約半分をイスラエル人に与えました。土地を失った・又武力で追い出されたパレスチナ人は100万人に近い難民となり、周辺のアラブ国家に流入していきました。イスラエルは、2000年ぶりに持った自分の国を守ることに関して気合は十分で、自国の安全を脅かすハマスの非合法軍事組織を壊滅させる作戦を実行しています。ハマスはイスラエルを倒して、そこにイスラム国家を建設するのが目的ですので、イスラエルを倒すべく、ロケット弾・自爆攻撃をイスラエルに対し行っています

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる