ここから本文です

ビートルズのI want you(She's so heavy)について質問です。

83239878323987yさん

2020/2/701:00:03

ビートルズのI want you(She's so heavy)について質問です。

この曲はフェードアウトせずに突然終了する曲として有名ですが、私の持っているアビーロード(非公式盤です)ではいきなり終わらずにフェードアウトします。Youtubeの音源も聞いてみましたが、やはりこの曲は突然終了する終わり方が正しいようです。
やっぱり海賊版だから終わり方が違うのでしょうか?
ちなみに、私が持っている海賊版CDはジャケットにイギリス国旗が書かれていて、右下に「BC-2012・STEREO」、ケース裏に「ECHO INDUSTRY CO.LTD」とあるものです。

閲覧数:
79
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

智慧無蔵さん

2020/2/806:32:29

突然プツッと切れるのがオリジナルです。

"THE BEATLES ALL SONGS GUIDE TO 213 OFFICIAL RECORDINGS"によると、1969年2月22日に本格的な録音が始まり、8月11日まで計5回録音が行われ、8月20日のミキシングで、ジョンが最終仕上げのときに「そこで切れ!」と叫び、エンジニアがテープを切った結果だと説明されています。因みに、その日が4人がスタジオにそろった最後の日であるとされています。

この曲は、4分37秒のところで2つのバージョンがつなぎ合わされていると説明があります。
また、CDリマスター版では、3分42秒のピックアップ切り替え音をノイズとして削除し、4分28秒の「yeah」の歪みを除去しているとのことです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jl_********さん

2020/2/1319:24:44

30年前大量に出回ったCDです。

録音(発売)から定められた期間を経過した録音物は、製作者の許可がなくても使用料さえ払えば複製販売ができたのです。ところが、この「定められた期間」が短すぎると問題になり、期間延長が決まりした。
それまで適用された「定められた期間」の短い著作複製物の販売期限が決められたため、在庫処分価格で大量に出回ります。駅売りで1000円、秋葉原で500円が相場でした。

当時のオフィシャルCDが音源となっています。ビートルズのオフィシャルCDが3000円の時代に500円で買えるのですから買いましたよ。

エコーインダストリーの他にも販売していたメーカーもありました。ただ、製造元は同じかあるいは、最初に複製販売したCDをコピーしたものかと。理由は
アルバム「Sgt. Pepper's」一曲目のSgt. Pepper'sの音が左右逆に収録されている。
アルバム「Abbey Road」六曲目のI want you(She's so heavy)エンディングがフェイドアウトする。また、延々と続くシンセノイズパートの途中で音量レベルが変わる。
この二つが共通しています。
なぜこのような処理をしたかは不明です。

このCD、正確には「海賊版」ではありません。だからといって「正規版」というわけでもないんですよねぇ。
当時「ハーフオフィシャル」なんて言葉かありました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる