ここから本文です

考察(?)をいただきたいです。 鬼滅の刃についてです。 単行本2巻、第10話の沼...

アバター

ID非公開さん

2020/1/3100:25:40

考察(?)をいただきたいです。
鬼滅の刃についてです。

単行本2巻、第10話の沼鬼戦で、
鬼が3体いると知る前に
炭治郎が伍の型を使おうとしたのは
何故だと思いますか?

自ら頸を差し出していない相手に、
何故「干天の慈雨」を使おうと思ったのでしょうか?

閲覧数:
204
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuy********さん

2020/1/3108:06:11

炭治郎の優しさ。

初の任務で、どんな鬼と出会うのか分からず。

始めて出会った鬼に対して、慈悲の心が出てしまう。

選別の時は生き残るのに必死でそこまで考えが回らなかったが、
初任務にあたって少しは心の余裕が出来て、それが心根の優しさ
と逢いあまって、干天の慈雨を選んでしまう。

アバター

質問した人からのコメント

2020/2/4 17:08:54

確かに、炭治郎はとてもやさしいですね・・・
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jdj********さん

2020/1/3100:54:27

効率がいいから

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる