ここから本文です

植物も苦痛を感じるという理由でヴィーガンを偽善だと批判する人がいます。しかし...

アバター

ID非公開さん

2020/1/3114:42:03

植物も苦痛を感じるという理由でヴィーガンを偽善だと批判する人がいます。しかし、畜産動物は大量の穀物を消費します。

それを踏まえると、もし本当に植物が収穫されたり食されたりする際に苦しんでいるのならば、なおさら菜食主義者が増え、畜産動物の飼料として殺される植物が減るのは望ましいことだと言えないでしょうか?

以下の記事によると、アメリカで生産される穀物の70パーセントは畜産動物が消費しているそうです:
https://www.onegreenplanet.org/environment/livestock-feed-and-habit...

単純に考えると、菜食主義者が増えれば人間に直接食される動物たちの他、その動物たちの飼料となる穀物の量を減らすことができます。植物が苦しみを感じるならば、完全菜食であっても他の命を苦しめずに生きるのは不可能だということになってしまいますが、上記の通り苦痛を味わう命を(ゼロにはできなくても)減らせるということはヴィーガニズムの大きな利点だと考えられるのではないでしょうか。言い換えると、「植物は苦痛を感じる」という主張は一見ヴィーガニズムに対する批判に見えて、実は道徳的観点から見た菜食主義の重要性を間接的に示していると私は思います。

皆さんはこの点についてどうお考えですか?

※以前、同じ質問を別のQ&Aサイトに投稿したところ、質問とは直接関係のない批判(「人間は元来雑食動物である」、「何を食べようと人の勝手だ」等)ばかり受け、的を射た回答をいただくことができませんでした。この質問は他者にヴィーガニズムを強要することやヴィーガンでない人々を非難するためのものではなく、あくまで上記の意見が論理的で真っ当か否かについて皆さんのご意見を伺うことを目的としています。ご理解のほど宜しくお願い致します。

補足•他者に苦痛を与えないことが絶対善ではないものの、上記の「ヴィーガン」と「ヴィーガンを非難する人」は「生き物に苦痛を与え命を奪うことは悪」という共通の考えを持っており、これを大前提とすると、少なくとも「植物の苦痛」を理由に菜食主義者を批判するのは的外れなのではというのがこの質問の主旨です。

・「苦痛を減らすのが善ならば全生命体が滅びれば良いのか」というご指摘は、大変失礼ですが、論理が飛躍していると感じます。野生状態が理想的だというご意見はごもっともですが、畜産動物は野生とは程遠い状態で生き人為的に命を奪われます。遺伝子組み換え等で本来の性質を歪められる植物も同様です。これらの人類にコントロールされる命を減らすことは動植物を自然本来の状態に近づけることであり、全生命体を絶滅させることと同等にはなりえません。※これについては「『人為的に』苦痛を味わわされる命」と書くべきでした。

・私は畜産業を貶めたいのではなく上記の主張が菜食主義のメリットになりうるかを伺いたくこの質問をしました。個々人がどんな食生活を選択するかはそれぞれが道徳的価値観に基づき様々な事実を考慮して自由に決めるべきです。

閲覧数:
136
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/1/3117:34:35

菜食主義者によって消費される植物の量が今より間違いなく減るなら、一理あるかもしれません。
必要な栄養を摂取するために消費される植物の量は莫大になるはずなので。

ただ、穀物量を減らせる飼料の開発もされているようです。
だから、家畜が食べる植物の量を減らす方法として、「菜食主義者になる」以外が考えられているかどうかも大事では?

  • 2020/1/3121:25:36

    補足を読みました。

    「生き物に苦痛を与えて殺すことは悪」というのが前提だ、という点にも個人的には疑問がありますけれど、とりあえずこれは認めるとして。

    では何を苦痛とするか、という点でヴィーガンと非ヴィーガンとの間にズレがあることが多いわけですよ。
    ヴィーガンの間でさえ。

    たとえば、ヴィーガンが根拠にする思想の1つでは、放牧型の畜産は認めます。
    でも別の立場だと、放牧型を含むすべての畜産を認めません。

    ということは、何をもって苦痛とするか、というのがこの時点で違うわけです。
    そもそも苦痛を基準にするかどうかも、ですかね。

    とすると、植物が感じている苦痛が、家畜が感じている苦痛よりもひどいと判明した場合、今度は菜食主義を擁護するほうが悪、となります。

    そういう、いろいろと基準が曖昧な理屈になってしまうのでは?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2020/1/31 21:29:13

攻撃的な書き込みが目立つなか、私の質問の趣旨を曲解することなく、ニュートラルなご意見をくださったサバ茶漬けさんのご回答をベストアンサーとさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/1/3118:10:34

そもそも、苦痛を減らすことが『何よりも』それこそ命よりも優先されるべきと思い込んでいるのが偏見であり個人の勝手な価値観に過ぎないのですよ

結構この手の主張って半出生主義と結びつきやすいですが
苦痛さえ減らせれば何してもいいというなら、この世から生命を一切合切滅ぼしてしまえば今後一切苦痛は生まれないことになりますよね?
地球を月面のような、岩だけの不毛の荒野にしてしまえば確かに苦痛は一切ありません(笑)

でもそれが理想といわれたら大抵の人はドン引きするでしょうし
大抵の動物だってそんな世界には真っ向から抗うでしょうね

生き物はまずこの世に生まれて存在し、できる限り命をつないで繁栄することが最優先です
そのために必要なら多少の苦痛は耐えますよ
出産だって苦痛を伴いますし、子育ては苦労もありますけどそれでも生物は生殖を実行する道を選ぶことからも明白です
(中には繁殖を担う個体と生活を担う個体が分かれてるような生物もいますけど、彼らですら個体の生より繁殖して種族をつなぐことを優先します)
それに生きて命をつなぐこととで「生きる喜び」という苦痛とは逆の大きなプラスも生じます

苦痛云々の話のおかしい部分として、マイナスだけをカウントしてプラスをカウントしない点にもあります。
人に置きかえれば欠点だけ言って、長所を一切語らないようなもの
そんなことでは正しい判断なんかできるはずもありませんよね

結局のところ、「苦痛の総量」なんて最優先でもない基準で語ること自体がおかしいんですよ
それを減らす代わりに、この世に生きれる命の総量が減るというマイナスが生じるんなら「
そんなのはメリットでも何でもないですわ

ちなみに命の豊かさを減らさずに苦痛自体を減らすんなら畜産するにも一定の動物福祉守ればいいんです
別に畜産を否定する必要はないのです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/1/3118:03:16

信仰は自由だが、「苦痛を少なくする」というような理由で菜食主義を賛美するのは、理屈に合わない。

ヒトは、戦争によって発達した生物です。

他者の苦痛の上に成り立つ文明であり、菜食主義者もそうでない人も、その文明の恩恵を受けていることに変わりはありません。

この事実を踏まえた上で、発言して欲しい。

oya********さん

2020/1/3117:58:35

食されて苦しむ生物の多い少ないが、一体私たちに何をもたらすと言うのでしょうか?人間が多かれ少なかれ他者を苦しませる生き物だという現実が受け入れられないんでしょうか?
単に消費する生物の数を減らすと言うでなく、苦しみを減らす意味と言うのがよく分かりません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ひろぞうさん

2020/1/3117:58:35

ちょっとならよくて、たくさんならダメというのは、単なる御都合主義というやつですね。
下等です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

imaruさん

2020/1/3117:43:26

植物や動物が殺される、消費されることに道徳的優劣があるかどうかや、
動物を育てるために殺される?植物が減ることが道徳的かどうかは、その人の道徳観なので、優劣や論理性を問うこと自体が、ナンセンス。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる