ここから本文です

子供の嘔吐。 4歳男の子です。 昨日から鼻水、咳があり、夕方38度の熱がありまし...

wbb********さん

2020/2/318:49:05

子供の嘔吐。
4歳男の子です。
昨日から鼻水、咳があり、夕方38度の熱がありました。
熱は寝るまでには下がりました。
今日の午前中は平熱でしたが一度嘔吐。
その後、少しずつ元気が出て

きてリンゴを少し食べたり、水分もとれていました。
夕方元気がなくなりだし、熱が38、6度。
また嘔吐が始まり、ほとんど食べていないので少量の水分を吐くのが5回以上。
今はぐったりして寝ています。意思疏通はできます。
このまま様子を見ていいのか、救急外来を受診した方がいいのか迷っています。

閲覧数:
30
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

じゅんちさん

2020/2/321:03:18

嘔吐が続けば急激な脱水を起こして命の危険があります。
なので、速やかに夜間診療を行っている医療機関へ受診してください。
↓のおばさんは所詮コピペ。
あなたの質問の嘔吐のことなぞ書いていない。

今のお子さんの状態は嘔吐を止めて回復させるのが大切です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2020/2/320:29:57

そもそも、
発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐などの
体から出る症状は、熱でウイルスを殺したり
体内から異物や菌を出すなどの
【治癒反応】が【正常】に働いている証拠です。

【正常】なので、病院へ行って
それらを解熱させたり薬で止めたりなど
人間の反応に逆らうような
【異常】な事をする必要はありません

病院というのは【対症療法屋】の【薬物専門店】ですから
そこに行けば、ビジネスとして薬物を買わされるだけの話です

対症療法とは
結果にだけアプローチした療法なので
原因にアプローチした療法ではありません

症状という出た結果に対しての薬物療法です。

しかし、症状=病気ではなく
病気を治そうとする治癒反応=症状です。

治癒反応を薬で無理矢理抑えれば
菌やウイルスが排除出来ずに蔓延り
治癒が長引いたり、
最悪の場合、肺炎や脳炎・脳症などを引き起こします。

子供にとって
解熱鎮痛薬は生死に関わります

また、その菌やウイルスに対して
自ら治す抵抗力を身に付けられずに
どんどん病気が慢性化してくだけです。

せっかく体が発熱などで免疫力を上げているのに
薬で解熱させるということは免疫力を下げる行為ですね。

症状は低体温や便秘・鼻詰まりなどの出ない時の方が心配です。

発熱は脱水症状が心配なので
水分やミネラルの補給を忘れずに
どんどん出すことが重要です。

食事は、消化・吸収に体力を奪われるので
無理にする必要ありません。

食欲がなくなるもの
体が消化・吸収したくないので食べないでという体の反応です。

水分+絶食(固形物)+安静で最短完全完治です。

動物は体調が悪いと
何も食べずに巣穴でじっとしています
誰に教えられたわけでもなく
自ら治し方を知っています

食前食後と書かれた薬を飲むために食事をして
わざわざ胃腸に負担をかけて
治癒を遅らせているのは
医療・製薬業界のビジネスに騙されている人間くらいですね。

病院の成り立ちは
野戦病院(外科的手術・麻酔・輸血)の救急医療なので
病院の得意とする専門分野は救急救命医療です

高熱とともに激しい頭痛や意識障害、けいれん
めまいなどを伴うなら
治癒力が負けているので
その時は救急でも病院にかかる必要がありますが
安易に病院に行く必要もありませんし
薬を飲む必要もありません。

風邪は、薬が治すのではなく体が治すのです

ウイルスが悪さをしているわけではなく
自己治癒機能が発熱をして免疫力を上げて
ウイルスを退治しているのです。

発熱は体が目的を持って熱を上げていますから
目的を達成すれば下がっていきます。


さらに抗生剤などの薬を飲んだりすると
自己免疫力が全て失われていきます

そして、抗生剤で無理やり殺した菌の死骸が
今後は肺に溜まるので
当初よりも酷い咳が出たりする場合があります。

そして咳き込んで寝れないといった状況に陥り
さらに咳止めの薬を飲む悪循環

常に症状を薬で誤魔化しながら
その菌に対して何にも解決しないままの状態に陥ります

症状=病気だと洗脳させる
これらが医療製薬業界や連盟・学会などが
メディアのスポンサーとなり作りあげた
一生、病院へ通いお薬手帳と共に生活していく薬漬けシステムです

その結果、世界の人口1.8%の日本人が
世界の薬の40%(タミフル75%)を消費している薬漬け大国なのです

その医療費は国家税収とほぼ同額の44兆円

それらの税金が外資製薬メーカーに湯水のように流れ込んで行くのです


昔から病を見ずに人を見よと言います

子供は機嫌と元気が大切です

機嫌がいい時は
精神面が安定している証拠
元気がいい時は
体力面が安定している証拠です。

補足として、快食・快眠・快便
これらに異常がある時には【正しい医者】にかからなければいけません

人間の体には100人の名医が存在します。

本来、その手助けをするのが正しい医者です。

しかし現代医療は歪んでいます。

自然治癒力を無視して
直ぐに症状に応じた対処療法薬を処方して
自己治癒力を奪い取るような医師は
ビジネス医師であり正しい医師とは言えません。

安易に病院という対処療法屋へ行って
薬を飲む癖を付けるのをやめるべきですね。

お子さんが体調を崩したということは
お子さんの免疫力の低下が原因です。

免疫力の低下に繋がるような食事(糖質・農薬・遺伝子組み換え)や
生活習慣・免疫抑制させるワクチンなど・・
それらを真剣に考えて、見直す必要があります。

全ての不安は無知からはじまります。

親御さんが正しい知識を身に付けて
医者いらずで免疫力が高い
元気なお子さんに育てて下さい。


お大事に


病院へ行く時とは?
小児科医 真弓定夫 内海聡医師
https://www.youtube.com/watch?v=94d9K9uImKY

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる