ここから本文です

登山で危険な目に合っても自己責任ですか?

アバター

ID非公開さん

2020/2/411:32:39

登山で危険な目に合っても自己責任ですか?

閲覧数:
169
回答数:
20
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pan********さん

2020/2/1017:51:11

登山に限らず、旅行だろうが仕事だろうが「自己責任」です。
ただし、自己責任だから「救助しなくて良い」という意味では
ありません。

紛争地や未開地に行って危険な目に遭う。
行かなければ良いのに、わざわざ行った。
だから放っておけば良い…とはなりません。
たとえば、テロはイギリスやフランス、アメリカでも起きている。
そんなところに旅行に行くのが悪い。
行かない人から見れば、そうなります。

林業や漁業、建設工事でも事故に遭う人がいます。
他の業種・職種があるのに、なんでわざわざ?
その仕事を選んだ本人の自己責任…。

ブラック会社で過労死。
やめれば死なずにすんだのに、やめないから自己責任…
でないことは、普通に考えればわかると思います。

人間にとって必要なのは「労働」や「金を稼ぐこと」だけでは
ありません。趣味でも遊びでも、それが生きるために必要な要素
なのです。そして、何がそれにあたるのかは人それぞれなのです。

自己責任ではあっても、事故などの際は救出しなければならない。
それが文明社会の暗黙のルールと言えましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/19件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kei********さん

2020/2/902:21:43

危険な目に遭った時は消防や警察が出動します。もちろん国民の税金で賄ってます。
決して自己責任なんかでは無く、登山者が負担すべきお金を国民全員で負担しています。国民全員で責任を取っているのです。

tos********さん

2020/2/518:14:42

いいえ、
クラブツーリズムに
文句言いましょう。

mor********さん

2020/2/422:09:55

何もなければ責任を気にしません。

自己責任でなければ誰が責任を取ってくれますか?
軍人や警察官、消防士のような危険な仕事は組織が責任を取ってくれます。
その代わり自分の判断で勝手に動くことができません。
自己責任とは、自分で判断して決めろということです。

自己責任でも救助される権利はなくなりません。
余程の過失がない限り失敗しても他人に責任を求める事が出来ないようなことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

miz***kitさん

2020/2/420:23:41

ケースバイケースじゃないですか。
山小屋の火事とかロープウェーのゴンドラ落下、
ダムの決壊なんかまで責任を負いきれませんよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/2/419:10:29

もちろんそうでない場合が有りますよ。
登山中に上空から飛行機やヘリが墜落して来て直撃された。
おかしな人間が居て、身ぐるみ剥がれた・・・無いか(-_-;)

自然現象による(山の生物も含め)被害は100%自己責任だと思います。

落雷については不運の要素が濃いですね。
ただ山を知り気象を知っていれば避けられるのですが・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる