ここから本文です

2月より主人が個人事業主として独立しました。 確定申告や給与等、自分でやろうと...

zwn********さん

2020/2/1412:07:11

2月より主人が個人事業主として独立しました。
確定申告や給与等、自分でやろうと思ってます。
おすすめの会計ソフトがあれば教えてください。
経理の知識は簿記3級程度です。
以前の会社で

は決算等は税理士事務所に頼んでいたので、決算や確定申告は初心者です。
色々調べて、弥生とfreeeがいいのかなと思ってます。

閲覧数:
47
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2020/2/1613:19:09

わからないときは誰に聞くか?

・人に聞く=その人が使っているものと同じソフトを入れましょう


・聞く人がいない
使えないけど有料ヘルプのあるソフトを選ぶ=弥生など
お金がかかり面倒だけど青色申告会の世話になる=ブルーリターン
混んでるし手間がかかるけど税務署に聞く=ソフトというよりは持ち運びのできるタブレットとかで使えるもの

こうやって選ぶといいんじゃないでしょうか

実際、「困ったときくらいしか、ソフトの違いは関係ありません。」

アバター

ID非公開さん

2020/2/1516:20:57

当方は、貴方様の様な簿記の資格は持っていない素人ですが、

長年にわたり実践してきた事を述べさせて頂きます。

結論から申し上げますと、高価な会計ソフトは不要と思います。

会社員+個人事業主を30年前から行っており、確定申告も毎年しております。

今は、ネット株式投資もしているので、分離課税分が増えました。

昔から青色申告での確定申告を行ってきたので、提出書類が多かったです。

当時は手書きで、確定申告書/貸借対照表/損益計算書/減価償却費/棚卸台帳/毎日の帳簿付け/など、

苦労しながら、電卓をたたいて計算していました。

損益計算書は、領収書/レシートに裏書して何を購入したか?都度記入し、それを単純に合計すれば良いのですが、

貸借対照表(バランスシート)は、左右の数字が合わないことが多く、頭を悩ませました。

減価償却費は、購入品目ごとに償却期間と償却率が有るので、個別に調べる必要が有ります。

棚卸台帳は、そのものずばり、店舗なので行っている在庫の台帳への記入です。

毎日の取引の帳簿付けは、当たり前の事です。

その後、パソコンのMicrosoft-Excelで、計算式を自分で組んで、帳票類の処理は全て自動計算パソコンで行い、

申告後の物は、DVD数枚に多重に焼き付けて、5-7年の保管義務のある付帯書類と共に、金庫に厳重保管しています。

その後は更に、国税局の確定申告書等作成コーナーが出来たので、

確定申告書/貸借対照表/損益計算書/減価償却費は、入力すれば自動計算してくれて、

中途で保管も出来るし、最終的にPDFファイルでダウンロードして、印刷提出できます。

今は、付帯書類も簡素化され、5-7年の保存さえして置けば、

確定申告書/貸借対照表/損益計算書/減価償却費の書面提出だけで済みま、たいへん重宝しております。

当方は、SONYのフェリカ(Felica)という、電子カード書き込/読み取り装置(3千円位)をパソコンにつないでいるので、

ICチップ式のマイナンバーカードで、オンライン申告しています。

SONYのフェリカ(Felica)って何かというと、JRの改札口のSUICAやコンビニの電子決済に使わているものです。

SONYが開発して、今ではスマホにも搭載されている機能です。

ですから、

貴方様が、経理の資格と知識が有るのなら、会計ソフトに頼ると言う行為は、

素人の当方がこなせるのに、何でプロが出来ないのか?になってしまいます。

一番良いのは、Microsoftアプリケーションやパソコン操作の知識、さらに電子申告の知識を習得すれば、

後々、いくらでも応用がきくと思いますよ。

Microsoftアプリケーションは高価ですが、代わりのソフトとして、

安価なWPS Office Personal Edition や無料の LibreOffice も有ります。機能は同じです。

当方でさえ、会計ソフトに頼らないで出来たのですから、簿記資格をお持ちの、プロの貴方様に出来るはずが御座いません。

Microsoft-Excelの自動計算は、簡単に組めますよ。

ぜひ、ご自身でおやりになって下さい。

※なお、旦那様が昨年12月末以前に退職されているのなら、会社の年末調整を受けていないので、源泉徴収票と各種控除書類を元に、

国税局の確定申告書等作成コーナーで書類を作成して印刷し、

居住地を管轄する税務署に持参/郵送すれば、源泉徴収された過払い税金が戻ってくる可能性が高いです。

今年分の分は、来年の確定申告になりますので、焦らなくても結構です。

ただし、今年に退職した場合は、勤め先の源泉徴収票を取って置いて下さい。
もし発行されていなければ、勤め先に申し出て取得保存してください。

給与分と個人事業分の、総合課税になりますので。

応援しております。

乱文/誤字等ございましたらお許しください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる