ここから本文です

会長説法ですが、違和感ありますか? 山に登らないと先祖供養できないんすか? ...

mak********さん

2020/2/1617:43:32

会長説法ですが、違和感ありますか?
山に登らないと先祖供養できないんすか?



私たち希心會の行も、このように「祈りきることができるか」が問われるのだと思います。皆さん一人ひとり

もそれぞれの祈願を、祈りをするでしょう。しかし、その祈願は日々ご自宅でご先祖にお経をあげる時に毎回祈るということが大事です。お経をあげる、導引きを行う、御指導を頂く、御山修行に行く。希心會の行をしっかりと実践し、それぞれの時にしっかりと祈りきることが大事なのです。今生に人間として生を受けたことは奇跡です。そしてその上法華経に巡り合ったことは僥倖です。さらに希心の法華経に出会った私たちは、幸せ者だといわねばなりません。その希心の法華経を信じて祈りきることができれば、皆さんの祈願は成就します。しかし、お経巻の化城喩品に「仏道は長遠なり 久しく勤苦を受けて乃し成ずることを得べし」とあるように、祈願成就に至る道は遥かです。日蓮上人も「道の遠きに心ざしのあらわるるにや」という言葉を残し、遠き道だからこそ、その「こころざし、決定、決心」がわかるとされています。私たちも希心會の会員として、希心の行を歩む決定をし、常に共に歩む仲間を探し、導引いてください。それこそが、悪因縁を洗浄し、他人を救いながら、最終的には自分の祈願成就につながる道なのです。

希心會は開教以来68周年を迎えようとしておりますが、支部も、導師も、信者も変わってきています。これからは、全会員がこの新しい時代に「自分は何ができるのか?」「自分は何をしなければならないのか?」を考え、決定し、行動してゆかなければ、自らの祈願も成就できず衰退してゆくでしょう。いつも申し上げているように「停滞は衰退」です。ですから、立ち止まらず、この道を歩み続けることが、この希心の法華経に巡り合った者の使命であり、修行なのです。

閲覧数:
7
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

nao********さん

2020/2/1712:11:22

こんにちは!
なっちゃんです!

誓願は重要ですが、祈願は重要ではないと思います。仏教では、基本的にお祈りをしません。希心會というのは、新興宗教のようですから、お祈りもするんでしょうね。


ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる