ここから本文です

なんでディーゼル車てマフラーから水が出ないんですか。 湯気もでないような気が...

アバター

ID非公開さん

2020/2/2012:55:47

なんでディーゼル車てマフラーから水が出ないんですか。
湯気もでないような気がします。

閲覧数:
226
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2020/2/2017:17:37

過剰空気で燃焼してるからかね…?

ガソリンは理論空燃比(燃料に含まれる炭素・水素が燃焼して、完全に二酸化炭素と水になり、空気中の酸素も余らない割合)付近でないと、火炎伝搬(プラグで点火された炎が燃え広がること)をしないので…出力の調整は、スロットルバルブで吸入空気量を増減させて行い、そこへ理論空燃比付近になるように燃料を供給する。

ディーゼルエンジンは、軽油の自己着火で燃焼するから…軽油の分子が空気中にあれば、燃焼室内の何処からでも発火し…理論空燃比よりずっと薄い状態でも燃焼するので、過剰空気で運転できるから…出力調整は燃料の噴射量で行い、吸気量を制限するスロットルバルブが無い。
アクセル全開時にようやく理論空燃比付近になるから、運転中ほとんど、ガソリンエンジンよりも、燃料に対して空気が多い状態。

ガソリンも軽油も、炭素と水素の化合物である“炭化水素”で、違いは分子量や分子構造。
水になるのは燃料中の水素。
分子中の炭素原子と水素原子の割合は、軽油の方が炭素が多く水素が少ない。(分子量の大きい軽油の方が、1分子中の水素原子の数は多いが、“割合”は少ない)
同じ量の空気に含まれる酸素を全て消費する量の燃料に含まれる水素の量は、軽油の方が少ない。
…アクセル全開でも、吸気に対して供給される燃料中の水素は、ディーゼルの方が少ない。

ということは、ディーゼルの方が排気に含まれる水蒸気の割合が少ない。
排気に含まれる水蒸気が少ないなら、それが冷やされても湯気や水滴が出来にくい。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/2/2111:50:49

ガソリンや軽油の主な成分は炭化水素ですが、ガソリンは水素が多く、軽油は炭素が多いからと思います。
水素は空気中の酸素と結びつくと水になります。
炭素は二酸化炭素とかになります。
その違いが、湯気が多いか黒煙が多いかになるのではないかと。
あくまでの主観ですが。

oba********さん

2020/2/2021:25:31

触媒がついていないからでしょう。

ガソリンエンジンについている三元触媒はCOとHCとつなげてH2O
NOxからNを分離してCOと繋ぎCO2にするデバイスですから排気口から
冷えた水蒸気(水)と窒素・酸素・二酸化炭素が出てきます。

kei********さん

2020/2/2013:59:17

気にしたことはないですが、ガソリン車よりは少ないものの出ると思います。
何故少ないかと言えば、エンジン爆発時の熱量が圧倒的に少ないからです。
ディーゼル車のヒーターはなかなか暖まらないのはそんな理由です。

Hikarusaiさん

2020/2/2013:46:16

ディーゼル排気粒子(DEP)は,炭素と灰分などから成る固体粒子の集合であり,それらは,凝縮し,吸着
した有機物質,硫酸塩及び水分などを含む

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.en...

2020/2/2013:04:43

気のせいという理由です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる