ここから本文です

「江戸時代の日本でばれいしょ病事件のようなことが起こったらどんなひどい地主で...

アバター

ID非公開さん

2020/2/2714:38:23

「江戸時代の日本でばれいしょ病事件のようなことが起こったらどんなひどい地主でも小作人を見殺しにしません。そもそも小作人が死んだら困るのは地主です」

とはどういう意味ですか?

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a5a********さん

2020/3/108:00:36

ばれしょ病という病気はありません。人間病などないのと同じです。
多分アイルランドでおきた「ジャガイモ飢饉」のことを言っているのでしょう。
このときイキリスはアイルランドを助けてくれませんでした。
以下のようです。
1845年、カビ(疫病)は初めヨーロッパの比較的温暖な地方で流行していたのですが、8月にはイギリス、9月にはアイルランドへと広がっていきました。葉が落ち、茎だけが枯れて残り、ようやく着いたピンポン玉のような小さなイモさえ表面からレンガ色になったり、悪臭を放っていました。
疫病は翌年にも大発生しました。その後の凶作も加わり、一説ではジャガイモを主食のようにしていた一〇〇万人を超える人びとが死亡し、1851年から1905年の間に約400万人がアメリカなどに新天地を求めて移住して行きました。江戸時代の天明の大飢饉に相当する規模でした。
この時アイルランドを支配していたイギリスの首相が、フランスにおけるぶどうに対するボルドーのような有効な対策をたてれなかったため、辞任に追い込まれました。それまではジャガイモは人口の増加に役だっていました。しかし、産業としては農業、特にジャガイモ偏重であったため庶民の生活はまだ貧しいものでした。このため今日でも『アイリッシュ』と言うときは、貧しい人という意味を含んでいます。
アイルランド系の海外人口は、世代が進み混血もあるのでどの範囲からアイルランド系にするかは難しいのですが、本国よりも多いといわれています。

アイルランドの首都ダブリンの南西の田舎町からアメリカへ渡った人びとの中に、レーガンやケネディ大統領のひいじいさん達もいました。正にカビの発生が世界の政治に影響を与えたのでした。あの小さなカビはクレオパトラの鼻の高低以上の効果があったのです。ケネディ一家のように、『自分の祖先はアイルランド人であり、自分のふるさとはアイルランドである』と思っているFBI(フォーリン・ボーン・アイリッシュ)を海外人口として数えています。
ケネディ家はレーガンの先祖の出身地から約50km離れたダンガスタウンの村からアメリカへと渡っていきました。父と一緒に渡米した2代目は、ボストンのスラム街で酒屋をはじめて成功しました。3代目は銀行家・事業家として成功し、駐英大使にもなりました。4代目である長男は第二次大戦で戦死し、次男のジョン・F・ケネディが上院議員となり、1961年には第35代大統領になったのです。
1984年6月アイルランド東部にある首都ダブリンの南西160kmにある人口250人の田舎町バイポリーンに、レーガン米大統領夫妻一行がヘリコプターに乗ってやってきました。実はレーガンのマイケルひいおじいさんが19世紀の半ばの大飢饉の際(1858年)アメリカに渡っていたので、ほぼ1世紀半ぶりの里帰りでした。
アイルランド系のアメリカ大統領としては、クリントン大統領までで20人になるとも言われています

https://potato-museum.jrt.gr.jp/e022.html ジャガイモ博物館
疫病(写真)が世界史を変えた

ばれしょ病という病気はありません。人間病などないのと同じです。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる