ここから本文です

保険会社からの一方的な治療費打ち切りと言うのはそもそも法律上問題無い行為なの...

アバター

ID非公開さん

2020/3/1020:43:44

保険会社からの一方的な治療費打ち切りと言うのはそもそも法律上問題無い行為なのでしょうか?

良くむち打ちなどで3カ月位で打ち切りとか聞きますが治療をまだ続けたいのなら自分で健康保険とかでとか良く聞きますが、知り合いはそんなの言われなかった。
と言います。10カ月以上通えたみたいですが。

この違いはただ保険会社の違いなだけでしょうか?

そもそも保険会社が勝手に打ち切りする事はあり得ますでしょうか?

補足あくまでも痛みに伴いきちんと通院していても一方的にと言うことです

閲覧数:
24
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/3/1021:10:03

損保会社で人身事故の担当者をしています。

>保険会社からの一方的な治療費打ち切りと言うのは...

法律上は問題ありません。

ただし、示談代行サービス付きの自動車保険の販売を開始するときの、歴史的な経緯や、日弁連との申し合わせの趣旨に反するとも捉えうるので、

治療費の継続的な支払い(内払い)を一方的に打ち切るというのは、やむを得ない場合に限られるべきだと考えられています。



>この違いはただ保険会社の違いなだけでしょうか?

保険会社がどのタイミングで治療費の継続的な支払いをストップさせるかは、様々な要素を検討して判断されます。

そのため、支払いをストップさせるタイミングの違いについては、外部の方々からみて、その理由等がわからないことがあります。

いずれにせよ、私の個人的な感覚では、「保険会社による違い」というのはあまり感じません。

※一部、通販系等の小さな損保さんについては、あまり関わらないのでよく知りません。



>そもそも保険会社が勝手に打ち切りする事はあり得ますでしょうか?

ときどきあることだと思います。



>あくまでも痛みに伴いきちんと通院していても一方的にと言うことです

「痛みがあれば通院を認められてしかるべき」という考え方は、交通事故の人的賠償の法理とは異なるものです。

賠償の対象となる治療期間は、受傷日(≒事故日)から症状固定日までになります。

※症状固定=その傷害に対する治療の効果が、もうこれ以上は期待できなくなり、将来においても回復の見込めないもので、その症状が固定した状態

※症状固定日の前に『完治』した場合は、完治した日までが賠償の対象となる治療期間になります。

「症状固定」の定義を読んでいただければわかると思いますが、それぞれの傷害(ケガ)の実態に応じて、一定期間が経過して「痛みなどの症状がある」ということは、

すなわち「治療の効果がみられなくなり、治療の効果が期待できない状態である」ことを示しているという場合があります。

※もちろん、傷害の実態によっては、そうでない場合もあります。

そのような場合には、「痛みがある」という事実は、引き続き治療費を支払うべき理由にはならず、むしろ、もうこれ以上は治療費を支払えない理由になるのです。

「痛いから通院できる」のではなく、「痛いからこそ賠償上の治療期間は終了である」ということを理解していただけると、

保険担当者と一般の方々との立場の違いが、少しは埋まるのかなあ、と思います。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/3/1021:16:26

    すごく丁寧に回答して頂き大変勉強になります。
    ありがとうございます。
    分からないから質問していますのでとてもありがたいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dbs********さん

2020/3/1021:46:43

>保険会社からの一方的な治療費打ち切りと言うのはそもそも法律上問題無い行為なのでしょうか?

法律上というのは刑法でしょうか?民法でしょうか?

仮に刑法なら何ら問題は無し
民法ならあり得るとして債務不履行くらいです

ただ、保険会社としても必ず支払う旨、確約することはないでしょうから債務不履行にもあたらないと思います

本来、病院への治療費の支払いの義務者は治療を受けた本人(子供なら保護者)です
治療も受けていない保険会社には支払い義務などありません
ですから、保険会社が行う被害者の支払いの煩わしさを省くための行為について、仮に打ちきりとなろうが法的な義務が存在しません



また、保険会社が負うのは契約者の負う法律上の損害賠償責任の範囲ですし、損害賠償の性質上、損害の立証責任は請求する側にあります

医師の証明がある前提での痛みに伴い通院をしていた場合でも、世の中の仕組み上、その損害を立証し裁判で認めさせない限りは強制的な支払いの履行などあり得ません

wxr********さん

2020/3/1020:57:54

〉保険会社からの一方的な治療費打ち切りと言うのはそもそも法律上問題無い行為なのでしょうか?

逆に尋ねるが、
保険会社が治療費の立替払いの義務が法律上あるのか、説明してくれ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる