鬼滅の刃について質問です。 炭治郎が那田蜘蛛山で ヒノカミ神楽 の呼吸を使ったが、縁壱 の 日の呼吸 をヒノカミ神楽 として耳飾りと一緒に継承していったのが本当なら なぜ炭治郎は子孫で

鬼滅の刃について質問です。 炭治郎が那田蜘蛛山で ヒノカミ神楽 の呼吸を使ったが、縁壱 の 日の呼吸 をヒノカミ神楽 として耳飾りと一緒に継承していったのが本当なら なぜ炭治郎は子孫で もないのに ヒノカミ神楽 (日の呼吸?)を使えたのでしょうか。 みなさんのご意見お聞かせください!

アニメ | コミック105閲覧

ベストアンサー

1

ご意見も何も、あとで分かります。 ちゃんと原作では描かれてますので。 そのうち分かるので楽しみにしといて下さい。 そう言う質問すると、喜んでネタバレして来る人が寄って来るので 気を付けて下さい。 あなただけがネタバレ食らう訳ではなく、なんとなくこの質問を 閲覧するその他大勢の人達までネタバレ食らう事になります。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そうですね。他の閲覧者様の事は考えず軽率な質問でした 全巻届いて自分の考察と答え合わせしながら読もうと思います! ほかの方の為にもこちらをベストアンサーにさせていただきます。ほかの回答してくださった方々ありがとうございました!

お礼日時:3/16 21:41

その他の回答(5件)

0

漫画では言及されていますが、日の呼吸の型は、縁壱の子孫ではなく、縁壱と交流があった炭司郎の先祖へ継承されています。 縁壱が頼んだ訳ではなく、肩を見せてもらった炭治郎の先祖が自主的に神楽舞に形を変えて受け継いできたようです。 ご先祖様も、少し見せてもらっただけで完璧に覚えているんだから、才能あったんだと思います。

0

ネタバレの有無が可なのか?が分からないと言えない。答えは原作漫画ですでに出てる。