ここから本文です

旦那の肩こりは整体?整形外科? 旦那の肩こりが酷く一年前から地元の整体に通っ...

zer********さん

2020/3/2309:43:20

旦那の肩こりは整体?整形外科?
旦那の肩こりが酷く一年前から地元の整体に通っていますが一向に治りません。
歪んでいるから長期で通う必要があると整体の方に言われているようですが、全く

良くなっている傾向が見えず、日々唸って寝ているくらいです。
これは整形外科に行って本当に歪みなのか、はたまた違う原因なのか調べてもらうべきなのではと考えています。

整体院から病院の整形外科へ紹介状などは書いていただけるものですか?整体は医療機関ではないので、出していただけない気がするのですが。。

補足ちなみに28歳です。

閲覧数:
33
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

men********さん

2020/3/2408:04:47

体の歪みの極みである側弯を認めながら体の歪みを否定したがる整形外科や回答者にいるアンチ整体みたいなのも多いですが、これだけ関節が多い人間ですので、そりゃ歪みますよ。
無いという方が逆に不自然です。


「慢性的な首こり、肩こり、腰痛の原因は患部にはない。」
これが私の結論です。


後ろ合掌はできますか?

自宅でのストレッチをお勧めします。

鏡を見て肩の高さ違いがないか確認してみてください。状態の確認は非常に重要でした。
体の歪みや姿勢の悪さがあれば是正は必須と考えます。
結構いるんですよ、スマホやパソコンの長時間利用で無意識に左右の肩が上がっている方。
私がまさにそれでした。



首こり、肩こり、眼精疲労、ドライアイ、めまい、顎関節症、更に多くの身体的な症状がありましたが、全て自力で治しました。

体の歪みに注目してみてください。

鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。
あと、巻き肩とも言われる肩の前傾ですね。


慢性的な首こり、肩こりに悩んで、整形外科や整体、カイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。
背中だったのです。
厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。

ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。

この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。

対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。

特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。


姿勢の是正と後ろ合掌など背中のストレッチを進めてみてください。
両肩の高さを合わせて後ろ合掌(出来ない場合は背中側で両手を絡ませるように繋いで両側の肩甲骨を寄せるよう)しながら、顎を引いて首を伸ばすようにするストレッチ、また顎を引くのではなく、顎を突き出してやるバージョンもお勧めします。

またスマホ使用時はなるべく机の上で両ひじをついて肩の高さを合わせてやるようにしてください。

jet********さん

2020/3/2310:49:16

>歪んでいるから長期で通う必要があると整体の方に言われている

通わせる口上と思います。
具体的にどこがどう歪んでいるのか、それがなぜなのか、納得できる説明をしてくれるなら良いと思いますが。

>整体院から病院の整形外科へ紹介状など

仰る通り「無い」です。

生活習慣(酒、肉体労働、寒さ、虚弱体質)が大きいと思いますけど、寝ているときも辛いというのはなんだか心配ですよね。
一度、医療機関で診てもらった方が良いと思いますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/3/2310:11:40

整体というところは「適当な嘘をもっともらしく喋りながら“らしいこと”をして金を取る店」です。整体からの照会状?整形外科に限らず、医療機関は相手にしません。

肩こりというのは明確な定義はなく通常、肩の筋肉が緊張した状態のように言われがちですが、肩こりはあくまでも自覚症状であり、その症状は首から肩にかけての違和感、重苦しさ、鈍い痛み、だるいなど、人によって異なります。

頸肩部というのは、重い頭や腕を支えるために大小多くの筋肉が集まっている部位です。

筋肉が活動するには酸素と栄養が必要です。筋肉にはポンプ作用があり、緊張と弛緩を繰り返すことで血液の循環を助ける仕組みになっています。弛緩したときには酸素や栄養を含んだ血液を取り込み、緊張したときには老廃物を送り出しているのです。

ところが、緊張状態が長時間続くと血行が悪くなって乳酸などの老廃物がたまり、それが刺激となって筋肉の細胞から発痛物質が出て神経を刺激し、不快感やだるさ、痛みなどを感じさせるようになります。これが肩こりです。ただし、緊張状態の度合いと自覚症状とは必ずしも比例しません。

肩こりは日常生活の中に原因があることが多いものです。問題点がないかどうかチェックし、それを改善することが肩こりの解消や予防につながります。

ただし、 ただの筋肉の緊張によって起こる単なる肩こりであれば、辛さは別として、特に心配ありませんが、強い痛みやしびれ、頭痛やめまいなどを伴う場合には、何か他に病気があってその一症状として肩こりが起きている可能性がありますので、そんな時には一度専門医を受診するほうが安心です。

肩こりの主な原因…
◎整形外科的疾患
筋肉の発達不良、悪い姿勢、筋肉の使い過ぎや関節の異常、変形性頸椎症、頸椎椎間板症、頸椎椎間板ヘルニア、むち打ち症(頸椎捻挫)、五十肩(肩関節周囲炎)など
◎内科的疾患
高血圧・低血圧・貧血・狭心症などの循環器系、胆石・胆のう炎・胃、食道炎・消化性潰瘍、胃・食道・肝臓ガンなどの消化器系、気管支炎・肺炎・肺ガンなどの呼吸器系など
◎精神神経疾患
ノイローゼ、自律神経失調症、うつ病、極度のストレスなど
◎眼科的疾患
視力の左右差、眼精疲労、ドライアイ、眼鏡やコンタクトの不適合、視力障害など
◎耳鼻咽喉科的疾患
慢性扁桃炎、慢性鼻炎、慢性副鼻腔炎、聴力障害など
◎歯科・口腔外科的疾患
虫歯、歯周病、交合不全、義歯の不適合、顎関節症など

対処法としては、
■よい姿勢を保つ。
■机とイスの高さを 適正に。
■自分に合った寝具を。
■左右の肩を均等に使う。
■軽くて暖かい服装に。
■生活の中にスポーツを。

運動は血行をよくして肩こりを解消するだけでなく、筋肉を鍛えて肩こりを防ぐ効果もあります。運動の種類は何でもかまいません。習慣づけることが大切なので、ウォーキングなど無理なくできるものを選びましょう。

肩を上げ下げする、肩を回す、腕を上げ下げするなど、肩こりを解消する体操を行うのもよい方法です。仕事の合間などにこまめにやるようにしましょう。

首を前後左右に倒す、首を回すといった体操も効果がありますが、頸椎に問題がある場合にはかえって悪化させてしまう恐れがありますので、首を動かしたときに痛みやしびれが出るような場合はやめたほうが無難です。

家庭療法の基本は温めること。温めることで緊張をほぐし、血液循環を促します。温めるにはおふろがいちばんですが、蒸しタオルや使い捨てカイロなどを使っても良いでしょう。

ただし、炎症が起きているような急性の痛みの場合には冷やします。筋違いを起こして突然痛みが出たようなケースです。冷やすのは長くても2~3日で、その後はやはり温めるようにします。

マッサージや指圧も効果があります。強くすれば効くというわけではなく、刺激が強過ぎると筋肉を痛めてしまいますので、家庭で行なう場合は、気持ちが良いくらいを目安にしてください。

整形外科で最もよく行われるのは極超短波や赤外線、ホットパックを使った温熱療法です。こりや痛みがひどい場合には筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などで痛みをやわらげます。頸椎に異常がある場合には牽引療法や神経ブロック療法が効果があることがあります。骨が変形して神経を圧迫しているようなケースでは手術が行われることもあります。

昔から肩こりには漢方薬、鍼灸、指圧などの東洋医学的な治療が有効とされています。効果に個人差があるので一概には言えませんが、症状が改善するケースがしばしばみられます。

肩こりの原因は多様で、検査をしても原因がはっきりしないことも少なくありません。治療を要するような異常が認められないにもかかわらず、頑固な肩こりに悩まされている人は東洋医学的な治療を受けることをお勧めします。

お大事に。 〔鍼灸マッサージ師〕

cho********さん

2020/3/2310:03:12

まず歪みのない大人はいません

ただある程度リセットや緩和ができます

良心的な施術者は生活で出来ること気をつけることを教えてくれます


肩こり外来などがあるのでそちらに行くのもありです

不便な場所なら整形外科でレントゲンで骨の状態を知るのもあり

あとは歪みーるなどで筋肉緊張の状態を知るかストレッチ教室のある整形外科がさらにオススメ

頭はボーリングの球と同等の重さ
それを細い首で支えるので正しい位置と傾斜で支える
スマホやTVやPCを見る姿勢
寝具 枕の定期的な買い替えやマットレスなら裏返したり上下変える
僧帽筋や体幹を鍛えこまめにストレッチ

チズさん

2020/3/2309:51:04

私もカタコリで、アラフィフですけど、アラフォーで気づいたこと

それは、肩こりの治療は「自然治癒」と「予防」です

まあ、五十肩も経験しましたが→それも自然治癒です。
痛い時には痛み止めの注射打ってください。

旦那さんの場合、五十肩に近い炎症のような気がします。

PCの高さを変える、ノートPCをやめる、バッグの中身を減らす
スマホを見ないなど、予防に努めてください。

  • 質問者

    zer********さん

    2020/3/2310:02:12

    ありがとうございます。
    旦那がちなみに28歳なのですが、今後歳を重ねていく度にひどくなったらもう見てられないと思って、質問させていただきました。もちろん予防は前からやっているつもりなのですが。。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる