ここから本文です

パウダーランはカービングの練習になりますか?

アバター

ID非公開さん

2020/3/2312:56:03

パウダーランはカービングの練習になりますか?

板はオガサカのCT-Mです。

私は今シーズンデビューして今日までで45日ほど滑りました。
スクールのレッスンを受けながらカービングの練習をしていて、緩斜面なら滑ったラインをきれいに描けるようになってきました。

もっともっとカービングの練習をしたいんですが、最近滑りに行くたび膝上パウダーで、圧雪されたバーンを全然滑れていません。

友達はみんなパウダー大好きなので朝イチからぶっ飛ばしていますが、私はパウダーに慣れていないし、ボコボコなので何度も転がってもう朝の10時にはグッタリです。

先日なんて1日中雪が降っていたので、滑っても滑ってもパウダーがリセットされてもう勘弁して…って思いました。

斜度も25度~30度くらいあるので初心者の私にはキツイです。
でも友達はパウダーはカービングしないとターンできないから練習になるよ!っていいます。

そういうもんなんですか?

閲覧数:
195
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/3/2314:01:49

こんにちは。

そういうもんです。

しかし、なんて羨ましい(笑)
私なんか、パウダーでもかっ飛ばせるために普段は圧雪で我慢してます。

とりあえず…練習にはなります。割と当たり前の話です。

多分ですが、カービングを『エッジに乗ってターン』とか思ってませんか??

だとしたら違います。
板の面を常に意識して踏み込むのが、キレがある、カッコいいカービングターンです。

パウダーランは、板の面を意識しないとうまく滑れません。
また、すぐバーンが荒れてくるので、そこでもしっかり姿勢制御できないとうまく滑れません。

綺麗な圧雪バーンでばかりターンしてても、その辺のスキルは身につかないです。

勿論、パウダーばかりでも圧雪ではうまく滑れません。その辺はうまく両立するようになると、上手くなれると思います。

ご参考までに。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/3/2315:38:21

    回答ありがとうございます。

    パウダー好きな方には羨ましい話なんですよね。。
    私にはつらい試練です。。

    エッジに乗ってターン(レールターン?)を最初に習い、最近角付け&加重を習ったところです。

    面を意識するようにとはまだ習っていないのですが、、それはカービングによって彫られた雪の溝の壁?に板の面を当てるというイメージでしょうか?

    パウダーもそんなイメージで滑ったらターンしやすくなりますか?

    パウダー3本目からはボコボコで転ばないようにするだけで必死です。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2020/3/27 11:22:25

いつも沢山の方に回答をいただけてうれしいです。
先輩方の知識と技術、情報量には本当に尊敬します。

色んなコンディションでも前向きに滑って、パウダーランも楽しめるようになりたいと思います。

ベストアンサーは1番最初に回答を下さったgoさんにしました。

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zwa********さん

2020/3/2508:30:15

圧雪のカービングもパウダーも状況は違えど似たようなものです。
所詮一枚の板をどう使うかなのでパウダー状況にも慣れるということは板さばきが上手くなるということです。
その技術は当然整地にも応用されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

syo********さん

2020/3/2423:21:28

色々なコンディションで滑れば、滑走技術は向上します

パウダーは、ズラしもカーヴィングも織り交ぜながら滑ります
(どんなコンディションでも同じですが・・・)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sno********さん

2020/3/2322:21:50

別物です。。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不知火さん

2020/3/2322:19:53

一応インストラクターですがパウダーとカービングでは使う技術がまるで異なりますよ。

カービングは板の撓むポジションに乗り板のトップ(のリードエッジ)を意識しながら滑ります。
ポジションも低く取ります。
質問者様はYouTube動画にあるようなキレキレカービングを目指しているのですよね?
だとすれば目指すべきはクロスオーバーという質の高いターンになります。
(現在は恐らくクロスアンダーという技術で滑っているかと思います)

一方パウダーランは腰の高いポジションで後傾になり(CTならテクニカル系板なので尚更です)トップを浮かして面を軽く当てながら滑走します。

両者はまるで違う技術でパウダーランでクロスオーバーなんてすると逆エッジですっ転びます。

カービングは板を立ててエッジが食い込んだ所に壁ができます。(圧雪なら1〜2cmくらいの)
その面の外側に向けて圧をかけて押していくイメージです。
snowing_go_goさんが言っている"面を押していくイメージ"はこれに当たります。

私はテクニカル系なのでカービング好きですがパウダーランする時は切り替えて全く違う技術で滑っています。

ですのでパウダーはカービングの練習にはなりませんがスノーボードの練習にはなります。

雪がいい間は切り替えてスノーボードの技術の一つと割り切って滑って滑り、パウダーが食われた午後に圧雪バーン(もしくは踏まれて固まったバーン)でカービングの練習をすればいいと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる