ここから本文です

管轄登記所の指定 『調査士合格ノートⅠ上』57ページの文章 建物が二以上の登記所...

kai********さん

2020/4/814:56:41

管轄登記所の指定
『調査士合格ノートⅠ上』57ページの文章
建物が二以上の登記所の管轄地にまたがる場合において、当該建物に関する登記の事務をつかさどる登記所が指定されるまでの間、建物の表題登記又は表題登記の

ない建物についてする所有権の保存の登記等の申請は、当該二以上の登記所のうち、いずれの登記所に対してもすることができる(法6条3項)。
の意味について。
例えば、二つの登記所の管轄にまたがった場合、建物の表題登記の申請は、管轄登記所が指定されるまでの間、どちらににしてもよい、ということは分かるのですが、「表題登記のない建物についてする所有権の保存の登記等」とはどういう意味なのでしょうか。

閲覧数:
18
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oro*********さん

2020/4/818:48:45

不動産登記法75条のことですね。

例えば、建物の施主と工事人との間にトラブルが発生して、所有権確認訴訟に発展したような場合、その確定判決をもって、建物表題登記がなくても、所有権保存登記が出来ます。

要するに、何はさておき、所有者の公示が求められる時だと思ってもらったらよいと思います。
未登記建物の収用や差押などの場合にも、実例があります。

質問した人からのコメント

2020/4/8 19:55:31

そんなことができるんですね!
表題部がないのになぜ所有権保存登記が出てくるのかがどうしても分からなかったので、
とても助かりました。
ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる