ここから本文です

昔のいくさ(関ヶ原の戦い、川中島等・・)何処で戦うか、ある程度話し合いしてか...

may********さん

2009/1/1700:04:37

昔のいくさ(関ヶ原の戦い、川中島等・・)何処で戦うか、ある程度話し合いしてから闘うのですか?

閲覧数:
777
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/1/1816:22:58

おそらく、こういうことだと思います。長尾影虎と武田晴信の戦いなどの場合、勢力図の中間点が、だいたい、川中島。交通の要所。かといって、細かくみると、第1次~第5次戦まで、それぞれ、実際に違う場所で戦ってる。

一番、大規模に戦ったとされる、第4次戦では、はじめに、武田側が、前線拠点として、海津城を築城したことから、始まっている。
この事自体、信玄こと晴信は、ここを拠点として、戦うぞ。って宣言してるようなものです。

すると、例えば、これは、拠点としての、城なので、北条の小田原城みたいに、長期的な要塞ではないので、大軍同士が、、対峙した場合、城に留まって戦うべきでなく、決戦を望むなら、城をでて、野戦で決着をつけることになるわけですね。

それから、山谷の多い日本列島で、騎馬武者が、機動力を発揮できる場所ということもありますね。

追記

例えば、第二次大戦の電撃戦と違い、宣戦布告と同時に、爆撃機が、やってくることはありません。お互いが、遠くから、何日もかけて、移動するわけで、相手が、どこを進むか、わかる仕組みになっていて、当然、決戦となれば、そのいく手を阻む、城に武将は、駒を進める。合戦が野戦場になるのは、お互いの騎馬数の多い時だと、思いますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2009/1/1819:51:00

戦争には目的があります。戦国の戦いの目的の多くは、縄張り争いです。この縄張り争いも、具体的には、たいていは平野や盆地の取り合いです。当時は農業が産業の中心だからです。
川中島の戦いの目的は、川中島を含む長野平野の取り合いです。当然、その周辺で戦います。その周辺の有利な場所に陣を構えます。
戦国時代は、平野・盆地の取り合いが多いため、それを守るために城を築きます。以外と山城が多いのは、平野・盆地の手前の道沿いの山岳地帯で敵をくい止めるためです。ですから、この山城の周辺も戦いの場所になりやすいです。
ただ、関ヶ原の戦いは特殊です。この戦いの目的は、土地の取り合いは二義的であって、一義的には政権争いです。石田三成の計画では、尾張で戦うものでしたし、家康ももっと後から秀忠軍と合流してじっくり戦うつもりでした。しかし、功に焦る東軍諸将の先走りによって、開戦にいたりました。一応、三成は念のために、前に関ヶ原にも山城を築いていたのですが、小早川に奪われて役に立ちませんでした。

sno********さん

2009/1/1705:13:32

それはケース・バイ・ケースです。
現代でもそうですが戦闘を行う場合、当然ですが自分達に有利な
場所がいいわけで、その場合事前に話し合いをして計画を立て、
最大限計画の通りに相手を動かそうとしますよね。
(相手も同じことをしてくるわけで、必ずしも計画通りにいくとは限らない)
しかし例えば突然自分達の領地に相手が攻めてきて、そこを守らなければ
ならない場合・・・
これはもう何処で戦うどうこうなんて、守る側は選べません^^;
相手がいる場所に急いで向かうだけです。
ですから、ケース・バイ・ケースです^^

そもそも自分達がどこで戦いたいって決めていても、敵からすれば
「そんなのかんけーねー」ですよね^^?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる