新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

転職失敗…しました。 10年勤めた会社の部署移転のため、転職活動をして、退職した翌日のこの四月から新しい職場に転職しました。 面接で条件等もきちんと確認して入社しましたが、勤務の場所

就職活動 | 転職2,372閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 喫茶店での面接であっても、会社の住所は分かるので建物の外観などである程度の判断はつくと思うんですね。でも今回は、『勤務地』と表記されていた場所と違かったのです。 というか、まぁまぁ大きめの会社です。 初日に確かに判断すべきでした。 しかし、初日にはさすがに躊躇いました。 もう少し前向きに考えた方がいいと、自分でも思ったんです…。 履歴書が汚れない、という点では早い方がよさそうですね。 少し頭を整理して考えます。 ありがとうございました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

客観的で質問に対する回答も頂きましたのでベストアンサーに選ばせて頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2020/4/22 18:13

その他の回答(2件)

2

ID非公開

2020/4/16 13:53

損しないのは在職しながら転職活動することですね。 コロナの影響で転職市場は冷え込んでますなら、次を決めずに辞めたら更に転落する可能性が高いです。

2人がナイス!しています

2

その会社をすぐにでも辞めたい具体的な理由は何ですか? 社屋や設備が古いからですか? まだまともに仕事もしてないうちから 自分で決めつけてまた転職しようとすること自体が失敗に繋がりませんか? まずは何事でも転職した先で少しでも慣れるよう続けてみないと 自分に合っている仕事かわかりませんし、 また自分を今の仕事に合わせる努力もしなければ何事も続きません。 あなたの今のその姿勢では何度も転職を繰り返して ズルズルと悪い環境に自ら進んでいってるようにも思えます。

2人がナイス!しています

ありがとうございます。 全くもって仰るとおりなのですが、仕事の内容に関しては問題なく、とくに不満はないですし、この先色々大変なことがあるのも想像はつきます。そしてそういうものだと心得てはおります。 しかし、実際の勤務地が違うことや、環境が劣悪であること(一緒の部署の人は掃除をしないようで、水回り、デスク回り、全て何年も手付かずのようで相当汚いです。)、また通信環境は整っておらず、プリンターなどは家庭用。 勉強しておいてと言われたソフトは一台しか導入されておらず、実用はされていない、など、本社社屋との差が酷すぎなのです。 ドラマのような会社を想像しているわけではなく、長く勤めたいからこそ、ある程度自分の許容範囲の環境で働きたいのです…。