ここから本文です

オリンピックも終わり中国向けのODAは終了したのでしょうか?それとも形を変えた援...

och********さん

2009/1/1907:35:52

オリンピックも終わり中国向けのODAは終了したのでしょうか?それとも形を変えた援助を続けているのですか?空母保有を宣言したりしていますが財政赤字の中援助が軍備拡張に繋がっているのではバカらしいと思います

閲覧数:
1,839
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coo********さん

2009/1/2117:07:13

1979年から始まった対中国ODA(政府開発援助)は、無償資金協力と技術協力を残し2008年度で事実上、終了します。
この間、中核の経済援助である「円借款」の累計は06年度末で3兆2,700億円。
躍進する中国社会の基盤整備に大きく貢献したことは間違いないですね。

円借款・・・緩やかな貸付条件(低金利・長期返済)の政府開発援助(ODA)の一形態。
対中ODA・・・大半は、資金の有効活用と自助努力支援に適した手法として、この返済義務を伴う「円借款」で行なわれてきた。



>空母保有を宣言
そういう声はいろいろ聞こえてきていますね。

しかし、最近なにか変わった中国の日本への対応も現れているみたいです。
中国の覇権主義には変化はなく、ますますお盛んなようですが。

引用-----------------------
中国メディア “好意的”な日本報道目立つ:産経
中国メディアが最近、中国の経済発展における日本の貢献を積極的に評価している。これまでの日本報道と比べて異例ともいえる“好意的”な内容が多い。背景には日本重視路線を打ち出している胡錦濤政権への国内世論の反発をやわらげるとともに、対中感情が悪化している日本国民に対する配慮がありそうだ。
12月5日発行の共産党中央宣伝部の機関誌「半月談」は「1978年に鄧小平氏は日本から何を学んだのか」と題する記事を掲載した。同年10月の訪日で新幹線に初めて乗り、松下電器産業や新日本製鉄などを見学したトウ小平氏が日本の発展ぶりに大きな刺激を受けたことを詳しく紹介、「この経験は後の中国の近代化構想の中で大いに参考となったに違いない」と論評した。
また、23日付の中国紙「中国青年報」は「日本がなければ、改革・開放は大きく異なっていた」とするコラムの中で「1979年以来、日本は中国の最大の援助国となり、総額2000億元(約2兆6000億円)以上を提供し、中国が受け取った援助額全体の67%を占める」と紹介、「2002年までに日本は1万2000人の専門家を中国に派遣し、農村開発などの分野で大きな役割を果たした」と指摘した。北京紙「新京報」なども最近、同様の内容の記事を掲載している。
これまでの中国メディアの日本報道といえば、歴史認識や領土問題などで日本を批判し、旧日本兵の残虐行為を強調するものが目立ち、戦後の日本を客観的に伝える記事は少なかった。このため多くの中国人は中国の近代化に日本が資金面や技術面で大きな役割を果たしたことをまったく知らない。
偏った日本報道や愛国主義教育の結果、胡政権が推進する日本重視路線は国内世論から強い抵抗を受けているのが実情だ。
今回の日本報道の変化について、中国の日中問題専門家は「戦後の日中関係史に光を当てることで日本のよいところを伝え、若者の反日感情をやわらげる世論対策の意味がある」と指摘する。また、「中国が政府開発援助(ODA)に感謝していないことが日本世論の対中感情悪化の原因の一つになっているので、今回の一連の報道は日本の国民感情に対する配慮も込められている」と分析している。

質問した人からのコメント

2009/1/22 19:33:59

もっと前に終わるべきでしたね。すでに軍備拡張は軌道に乗り周辺諸国の大きな脅威となっています。
あとは形を変えた資金供与に注目しなければなりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる