回答受付が終了しました

西浦教授の数理モデルだと、基本再生産数R=2.5で計算していますが、 4/7の新たな研究だとR=5.7となっています。

病気、症状309閲覧

1人が共感しています

回答(2件)

1

ID非公開

2020/4/26 18:45

「日本社会が欧米より優れてるわけない」という非科学的な見地が多分に入り混じった試算です。科学者として最低で、なぜ彼のような国賊が8割オジサンだとか親しみを込めて呼ばれてるのか理解できません。 白人やその社会との相違性を一切考慮してません。白人は無駄に声がデカい、ボディタッチがしつこい、土足文化が多い、マスクをする文化が無いなど拡大要素がアジアより多いです。そして白人は思ってるよるより不潔な人種です。妻が白人ですが、付き合い始めた頃に白人はオシッコを吹かない女がいると聞いたことがあるので、言われた通りにトイレットペーパーの先っちょに折り目をつけて実験したのですが、実際に妻が用を足した後も先っちょに折り目がついたままでした(つまり吹いてない)。それとBCG説も根強いですね。 東京都の新規感染者が久々に二桁に転じたようですが、実は7日移動平均で見ると、緊急事態宣言の効果とやらが出る前の12日からピークアウトしてます。 https://pbs.twimg.com/media/EWb88YKUEAEQSOE?format=jpg 「日本は欧米より優れてるわけない」という非科学的見地から過大にRtを見積もって想定死者数を大量水増しして、無為に経済に下押し圧力をかけた事は酷すぎると思います。緊急事態宣言は当初の指定地域で一カ月続くだけでもGDPが0.5%(年率6%)下がると言われてます。今は全国規模に拡大して、更にGW後も続くらしいですから、経済被害は更に悪化してるでしょう。既に多くの人が人生を悪い意味で左右されたと思います。

1人がナイス!しています

0

基本再生産数は環境・対策で変動する。外国のデータをもってくるべき根拠は皆無。 接触8割減で基本再生産数を1以下にできると言っているわけで、無対策時の基本再生産数が2.5だろうが5だろうがどうでもいい。

環境で変化しますよね。ただし、日本の場合、なおさら、基本再生産数を2.5ははないでしょう。特に、都内。 極論すれば、満員電車の中で通勤する人の環境であれば、基本再生産数が50であったり、病院の中であれば、基本再生産数が10であったりする可能性があるわけです。 実効再生産数を1以下にできるとは到底思えないですね。 米国でもロックダウンに意味がなかったことがわかりつつあります。