ここから本文です
10

「持続化給付金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

6〜9件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

saj********さん

2020/4/3020:26:01

毎月の売上にばらつきがあったり、季節要因があって一定時期に偏ったりしている場合は
連続する3か月の売上合計と前年の同じ3か月の比較で50%下がっていればOK。
ただ、この場合上記の「前年の3か月」の合計が年間売上の50%以上を占めている必要があります。
ですので、すぐの申請は無理ですが4月に加えて5月6月も売上が立たない状況なら4月5月6月3か月で対象になるのではないでしょうか?

kei********さん

2020/4/2918:50:45

最終的な判断は役所がするので、なんとも言えません。

質問された時にコロナの影響で売上が下がったんだ!

と説明ができ、役所が納得したら給付されるでしょうから、申請すればいいと思いますよ。

hir********さん

2020/4/2918:48:37

給付金200万円ということは中小企業の法人ですね。法人の場合決算の時期により、給付金の前事業年度の概念が違います。よってこれにより算定しなければなりません。
本質問文には決算時期が書いていませんので一応例を載せておきます。
計算式はおっしゃる通りです。

3月決算の法人が対象月を2020年2月とした場合、前の事業年度は
2018年4月から2019年3月となります。
• 12月決算の法人が対象月を2020年2月とした場合、前の事業年度
は2019年1月から2019年12月となります。

またこの給付金の実質的要件に「コロナによって減収したこと。」とありますが、この今回の給付金は素早く減収した事業者に配ることが目的ですので、スピード第一の特例です、よって型式的要件しか見ません、現実に実質的要件まで立ち入りません。
型式的要件とは確定申告書などの書類上で減収を型式的に判定するということです。

因みに、本質問の1月と2月を対象月に取れば。12月決算でも3月決算でも持続化給付金を受給する要件に該当しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2020/4/2915:57:02

>2020年1~2月ごろから中国から部品が入ってこなくなったり、中国の取引先が倒産してしまったりして、2019年に取り組んでいた新商品を作ることができなくなりました。

コロナに関係しています。問題ありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる