ここから本文です

保証債務についてです。

アバター

ID非公開さん

2020/5/316:21:39

保証債務についてです。

裏書した手形が不渡りとなった場合、
なぜ、そのまま何もせず保証債務を全て取り崩すのでしょうか?
保証債務は引当金のように保証債務から差し引いて手形代金を支払うものではないのですか?

閲覧数:
19
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fri********さん

2020/5/316:37:26

保証債務とは利害関係者に対し、「これだけのリスクがある」と知らせるためのものです。
財務会計は利害関係者に対してのものなので、保証債務を設定することで利害関係者に「この会社はこれだけ債務を負うリスクがあるのか」ということを知らせる必要があるのです。実際に現在債務があるわけではありませんが、「うちの会社はこれくらいのリスクを背負っています」ということを示しています。
つまり、手形が不渡になった時点でその手形が不渡りになる可能性はなくなります。逆に無事に返済されても不渡になる可能性はなくなります。だから保証債務を取り崩すのです。

参考になれば嬉しいです!(^^)!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる