ここから本文です

うちの飼い猫がリンパ腫のガンだと今日診断されました。

アバター

ID非公開さん

2020/5/718:50:03

うちの飼い猫がリンパ腫のガンだと今日診断されました。

1ヶ月ほど前から嘔吐を繰り返し体重、食欲が激減し心配になりかかりつけ医に何度か足を運びましたがこれといった原因は掴めず…
病院を変えてみることにし、本日別の病院で診断してもらったところ悪性のリンパ腫だと診断されました。
手術をし、抗がん剤治療をする方向で話は決まりましたがそれで状態が良くなったとしても余命1.2年だと言われました。
急な事すぎて頭が真っ白です。私が今後猫にしてあげられる事は何でしょうか。
余命宣告をされても宣告された余命より長く元気に生きていける猫もいるのでしょうか
希望を持ちたいです。
まだ8歳という若さでこんな事になってしまうなんて……同じような経験をされた方など
今後のアドバイスいただけたら嬉しいです、
また食生活など気をつける点などありますでしょうか。

補足ちなみに、消化器型のリンパ腫だと言われました。

閲覧数:
45
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

編集あり2020/5/823:20:35

私は昨年、愛猫を看取りました。乳腺ガンで、主様の猫さんの悪性リンパ腫とは違いますが、当時、私は愛猫が末期ガンへと進行していく中で何かケアのヒントとなる本は無いかと探し求めて幾つかの本を買いました。
その中でも最も心に響き、かつ実用性の高いケアが盛り込まれていた本の一冊として、おすすめします。

「まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り」(日東書院本社)です。

主人公は独り暮らしの会社員で消化器型の悪性リンパ腫と診断された愛猫の看護に尽力するというストーリーです。

Amazonのレビューを見て買いましたが、(私の猫は最終的には転移性肺ガンでしたが病気は違っても)、進行性の病気の終末期の具体的なケアの仕方、心構えの持ち方という点で非常に参考になりました。
悪性リンパ腫については詳しく書いてありますし、ただの漫画ではありません。

ぜひ調べてみてください。

dai********さん

2020/5/721:22:18

標準マニュアル的な診断、回答だと思います。
しかし、リンパ腫も部位、分類、進行具合も多様なため
一概には判断できないでしょう。

家に通ってきているノラも、しばらく来ないと思ったら、
激やせして来たので診察してもらったところ、
おそらく消化器型リンパ腫であろうと診断が下り、

しかも、エイズ、白血病のダブルキャリア。
そして余命2か月以内と言われました。

しかし、インタフェロン治療などで見事復活。

一年経った今年も元気で通ってきています。

希望は捨てないでください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる