ID非公開

2020/5/8 11:56

22回答

古典の活用形の見分け方なんですが、

古典の活用形の見分け方なんですが、 宮路の山と「いふ」所が越えゆるほど、、、。 という文なら「いふ」は何形ですか?という問題で、 四段活用を用いて後に所がついているので連体形とわかるのですが、などかうは泣か「せ」給ふぞ。という文の活用の見分けかたがわかりません。 よろしくお願いします。

文学、古典53閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2020/5/8 14:34

その「せ」は使役を表わす下二段の「す」の未然形か連用形なのだが後ろが動詞なので連用形で確定する。