ID非公開

2020/5/20 18:54

11回答

「個人の見解、つまり見方メインで、回答して頂ければ…? 」と、思います。 ヤクザ映画の名作「仁義なき戦い(昭和版)」シリーズ。 予定に無くて、急遽制作して、昭和49年(1974年

「個人の見解、つまり見方メインで、回答して頂ければ…? 」と、思います。 ヤクザ映画の名作「仁義なき戦い(昭和版)」シリーズ。 予定に無くて、急遽制作して、昭和49年(1974年 )6月に、封切りした「完結編」。 「ほぼ、スタート時のシーンメインから、質問したい」と、思います。 (丸数字は、シーンとしての画面で、登場した順番。 又、登場人物の名前は、原則演じた俳優さんの名前だけで、入れます。) ①「ある夏、晴れた日の昼間、広島市の平和大通を、広島のヤクザの連合体、天政会のメンバーが、平和公園で献花するのに、喪服姿メインで連れ立って、小林旭さん(武田明役)や北大路欣也さん(2代目理事長の松村保役)に、山田吾一さん(故人で、間野豊明役)等、幹部クラスの役員も、当然歩いてた…」。 ②「①の当日の夜、広島市内のとあるキャバレーで、櫻木健一さんや麦人さん等、広能組の配下の若手組員数人が、酒を飲んでた所。 ①で同伴してた、川谷拓三さん(故人)や成瀬正孝さん等、天政会の幹部クラスの役員の配下の若手組員、数人が入って来た」。 ③「②の川谷拓三さんは、櫻木健一さんや麦人さん達等、広能組の配下の若手組員達を見て「よう出来とるのう、親父は網走で刑期を勤めとるのに、酒を飲むなんて」的な内容で、詰った」。 ④「③で、詰られた広能組の若手の配下組員達は、一度は堪えて飲み終えてから、勘定を済ませて、キャバレーから出ようとした。 所が、②の川谷拓三さんと成瀬正孝さんは、①で持参してた旗を、客席の通路に立ててたので、麦人さんに当たってしまった」。 ⑤「④の後で、成瀬正孝さんは文句を言ったら、麦人さんも言い返したので、それが発端で、乱闘と言って良い程、ケンカになった」。 ⑥「⑤の後で、キャバレーの店主の女性は、天政会へ電話連絡した所。 北大路欣也さんは、西田良さん(幹部クラスとして、常に同伴してた手下役)を同伴して、乗り込んだので、何とかケンカを止めてから、櫻木健一さんや麦人さん達を、帰らせた。 そして、川谷拓三さんや成瀬正孝さん達に対して、厳しく注意した…」。 ⑦「⑥の後日、天政会の事務所で、会議室代わりで使用してる客間にて、幹部会議を開催し、当然⑤~⑥のケンカの件も、話題になった」。 ⑦「⑥の幹部会議では、宍戸錠さん(故人で、ヤクザとしての大友組組々長であり、天政会幹部の大友勝利役)。 川谷拓三さんなり、成瀬正孝さん達について「指を詰めさせる事で、責任取らせい」等、厳しい処分を出す様に、指摘した」。 ⑧「だが、北大路欣也さんは、席上で「天政会は、広島で真面目に見せるのに、作った組織なので、指を詰めさせる処分は、マズいと思いますがのう…?」的な内容で、返事したので、他の幹部からも、同調者が出て、厳しい処分は無かった…」。 以上と、なります。 ただ「③~⑤が、後に櫻木健一さんや麦人さんが、川谷拓三さんが所属してた槇原組で、田中邦衛さん扮する組長(の槇原政吉役)を、射ち殺す殺人事件の発端の1つ」と、なってしまったと、思います。 そこで、2つですが、質問したいのは…? A「①~⑧のシーンは、小説仕立ての原作本の原作を、原作にしたと思われるか、それとも架空と思われるか?」。 B「こちらを、メインの質問にするが、②~⑤のシーンについては、櫻木健一さんや麦人さん等、広能組の組員達は、川谷拓三さん等、天政会の幹部の手下と言うか、槇原組の組員ともケンカしてたのは、菅原文太さん(故人で、組長の広能昌三役)が、田中邦衛さんと、長年ケンカしてたからと、思われるか?」。 以上と、なります。

日本映画 | 小説25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

いつもどうも A-天政会云々の記述は原作にはなかった様な・・・ 原作は獄中に書かれた手記を基に・という体裁なので、その後の顛末についてはなかった・と思います *でもかなりアヤフヤ(;゚Д゚) B-広島のトップに立った山守の一番の手下(部下というよりコノ方がしっくりきます 笑)で、「イイとこ付きする」槇原と、ソノ二人に散々煮え湯を飲まされてきた広能とは「不俱戴天の仇」となってますから、当然組員同志は『バチX2』です ましてや「代理戦争」で倉元を(渡瀬恒彦) 「頂上作戦」では河西を(八名信夫) 殺(と)られてますんで、「恨み骨髄」でしょう! *しかも満足な報復も果たせていない! *公開当時、長年の宿敵・槇原が殺(と)られた↓のシーンでは、 「拍手喝采」だったとか! ココまで憎まれりゃ、田中邦衛氏も役者冥利に尽きる・ってモンでしょうネ! *「死闘編」でトップアイドルでもあった地位をかなぐり捨てても「狂乱の御曹司」を演じた千葉ちゃんが、スケジュールの都合で「完結編」に登板できなかったのは残念ですネ でも宍戸錠も良かったですけどネ

画像

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/5/20 21:37

回答ありがとうございます! もうちょっと詳しく教えてください つまり、Aに関しては「完結編自体は、シリーズがヒットして、急遽制作した事もあって、原作本の原作には、後の時期の部分は書いてないので、何れのシーンも架空のシーンと見て、問題が無い」と、言う事でしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。 「今回の所は、別の質問で荒らされてるので、荒らされるの防止により、繰り上げで、BAにしたい」と、思います。 又、質問した時は、よろしくお願い致します…。

お礼日時:5/25 9:49