ここから本文です

御文 五帖目 20通(女人成仏)はあきらかに、布教という使命を果たし終わり時代に...

has********さん

2020/5/2800:00:03

御文 五帖目 20通(女人成仏)はあきらかに、布教という使命を果たし終わり時代に合わないと思います。ご意見をお聞きしたい。

東西両本願寺の公式出版物には、あえてと言う表現がふさわしいと思うほど、言及されていません。蓮如上人の功績は十分評価していますが、時代にそぐわない教えは、歴史として残すに留めるべきだと思いますがいかがでしょうか。

閲覧数:
3
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

youichi5959さん

2020/5/3121:45:59

『御文章』は蓮如上人が門徒さんにだされたお手紙です。
蓮如上人が活躍なされていた時代背景をよく理解していないと読めぬ
ところが少なからずあります。

封建時代、男尊女卑の時代です。
女性がかたくなに「女人は汚いもの、汚れた者」と思い込んで卑屈になっている時代です。


「女人成仏」は釈尊の時代にもあります。
したがって釈尊もその因習に沿って教えを説かれたのです。
一つの方便です。弥陀の本願の救いまで導くために女性に沿って説かれたのです。
これをよく理解しないと今でも釈迦の教えは女性蔑視だという人さえいるのです。

これは婆羅門の厳格な身分制度を考慮して釈尊は教えられたのです。

釈尊は常に四姓差別に反対され、すべての人々は阿弥陀仏の本願の下においては一味平等であると宣言なさっています。

阿難と首陀羅の女性の会話。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122040119...


現代の日本では考えられない不平等がまかり通った時代です。
今のインドでは女性差別は大変なものです。


蓮如上人の『御文章』(四帖目七通)には
当流の念仏者を、あるいは人ありて「何宗」ぞと相尋ぬる事たといありとも、確と「当宗念仏者」と答うべからず、只「何宗ともなき念仏者なり」と答うべし。

なぜこのようなことを言われたのか。
当時、六興宗(読み字はっきりしません?)なる集団があり、徒党を組んで門徒衆を暴力で殺したり家を焼いたりしたことが記録にもあり多くあったため、蓮如上人は「関屋・船中、人の前で仏法を語るな」、と「掟」までつくられました。

信教の自由の我々には「ホントかいな」と思われます。


時代にそぐわぬところは飛ばして読んでいます。
削除するわけにはいかないでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる