ここから本文です

医者と弁護士の難易度はよく比較されますが、実際どっちが難しいのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2020/5/2123:21:40

医者と弁護士の難易度はよく比較されますが、実際どっちが難しいのでしょうか?

医学部は一番レベルの低いところなら早稲田理工と同レベルか、少し下ぐらいの川崎医科大学があります。私立医学部は推薦率も高いし、裏口入学があります。


学費も分割払いなら、年収600万ぐらいあって、共働きの家庭なら時間はかかっても払えない額じゃないし、地域枠を使えば学費は全然かかりません。


まず弁護士になるには予備試験ルートと法科大学院ルートがありますが、予備試験は東大ですら合格率が10%もなく、京大で4%ぐらいです。早稲田、慶應、中央で予備試験に受かるのはほんの一握りの人間だけ。


法科大学院ルートでも、法学部で4年、法科大学院で2年、予備校代、司法修習の時に必要な生活費を考えれば、医学部受験より圧倒的にお金がかかるでしょう。医学部は地域枠を使えば学費はタダです。

閲覧数:
51
回答数:
6

違反報告

回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tin********さん

2020/5/2819:46:09

何をもって難しいというのかが明確でない
金の問題なら親次第になってしまうし、問われているものが違う以上試験自体の難しさも比較はできない
本人の努力という意味では医師の方が難しい
入学なら言わずもがなで医師の方が難しいが、入学後も
一般的に必要とされる勉強時間は
弁護士の場合3000-8000時間が目安と出てくる
医師の場合は出てこないが、これは弁護士が自習であるのに対して医師が時間を取られるのは大学の講義であるからだ
そしてその講義は月-金、朝から晩まで全て埋まっていて全て必修だ
概算すれば軽く10000時間をこす
私大は合格率を保つために容赦無くおとし半分以上留年などの医学部もゴロゴロある
留年するかは本人次第だが講義だからといって自習より楽とは一概には言えず、その他にテスト勉強も相当しないといけない

2020/5/2703:17:18

医師(鉄門現役入学と筑波医学類現役入学)と弁護士(22歳で旧司法試験合格)の両方がそれぞれ身近にいます。
う~ん難しいですね。
医師の方は幼稚園から高校まで私立女子校で、かつ鉄緑会にも通っていました。
父親は大病院副院長ですが、60過ぎても都内の住宅ローンが完済になっていません。
国立大学病院は初期臨床研修医は国民の税金から出る日給1万3000円のボーナスなし、専攻医も似たようなものですし、縦割り社会なので後輩にも奢らないといけません。
学会費に医局費に医学書代も大学院の学費、米国留学費用もバカになりません。
家族ぐるみで付き合いのある幼なじみの同級生は外科系鉄門教授ですが、卒後も私大出の普通のサラリーマンの父親がずっと仕送りをしていました。
その時代だったら、無給医が10年近くありました。
私立医大なら、開業医優遇税制時代に貯め込んだ開業医の祖父が孫の学費を出しているというのが実情です。
一方、弁護士は、最初の法律事務所のアソシエイトを1年未満でクビになりました。
役所の無料法律相談と国選弁護人だけじゃ事務所に貢献していないでしょう。
英語が堪能なため、大学の先輩のいる別の渉外法律事務所に拾われました。
皆さんに幸せですか?と聞きましたが、良い返事はもらえませんでした。
弁護士は自営業、医師は勤務医ですから、人それぞれでしょう。
コロナ後は、違ってくると思います!

sam****さん

2020/5/2403:53:49

大学入学なら医学部、国家試験は司法試験の方が難しい

ame********さん

2020/5/2219:57:13

比較してるのは、ネットの中の学歴厨か、引きこもりだけですよ。世の中の大半の人はそんなことは無意味だと分かっていますし、比べることは出来ない、と思ってますから。だいたい何を持って比較するんです?

sey********さん

2020/5/2218:29:14

>医者と弁護士の難易度はよく比較されますが

比較してる奴なんて、ネット上の学歴厨だけ

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる