ここから本文です

30セルシオ前期でもうすぐ20万キロですが、未だにあの絹のように滑らかなエンジン...

out********さん

2020/5/3101:12:15

30セルシオ前期でもうすぐ20万キロですが、未だにあの絹のように滑らかなエンジン、静粛性、高速での走行安定性等々、色褪せておりません。

現行クラウンでも後部座席、確かにイイですがセル

シオと比べると軽やか過ぎてウーンと。

現行1000万クラスの車(LSかGS)じゃないとセルシオに張り合えないと感じているんですが、これってただのセルシオ贔屓なんでしょうか?

それともセルシオは目に見えないところまで金が掛かっていると言いますが、その賜物なんでしょうか。

閲覧数:
145
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shu********さん

2020/5/3123:31:27

30後期に乗っておりますが、私も乗り換える気がしません。

新車から、17年経ちますが、消耗品程度の交換で、故障知らずです。

初代と2代目は同じシャシー(プラットフォーム)を使っていて、
2代目前期は、日本経済事情もあり、大幅なコストダウンして、
当時のレクサスサイドからの製品低下の苦情が出たため、
前期の途中から、テコ入れして品質向上、後期は更に進化しました。

さらに米国レクサスサイドからの次期車の要望で、他のドイツ高級車のロングに匹敵する
後席の拡大と、インテリアをもっと豪華に。でした。

もともとセルシオはシーマ現象がなければ、国内投入計画がなかった。
レクサスLSとして開発されてましたので、米国の声も重要だったようです。

ただし、国内でもいつかはクラウンから、セルシオが、国内最高級車に
なった事もあり、3代目は、さらなるゆとりの贅沢を追求開発します。

ちなみに、今現在でも、ヤマハ楽器との共同開発した、本木目を贅沢に
使用しているのは、レクサスLSと、歴代セルシオ、昭和のスポーツカー
2000GT位です。

マジェスタも18と200系は本木目と、カタログでうたっていますが、合板の薄い木を
貼り付けてるだけですので、古くなるとめくれて、紙のような木だと
わかります。で、210系は木目調のプラスチック製です。

30系は、セルシオを超えるのはセルシオだけ。
頂点で有り続けること。 これをスローガンに開発されます。

30でセルシオの車名は消え、レクサス店が日本に作られる事は、
開発段階で、決まってたそうですが、スローガンの目標もあり
セルシオ開発者の熱意により異例な開発予算が出たとの事です。

これにより、最後のモデルなのに、
セルシオだけの新型プラットフォーム(シャシー)
排気量拡大の改良エンジン
リッツカールトンホテルや、帝国ホテル、ファーストクラスを研究した、歴代最豪華内装。
特に柔らかさを追求したセミアニリンシート、改良本革、改良100%ウールファブリックシート。
断熱材、ドアの断熱、発泡ウレタン、フレーム骨格の見直しにより、世界最静粛室内。
オーディオも当時最高峰のマークレビンソン。標準でも総出力520wのプレミアムサウンドシステム。

後期になっても、フロアの断熱材の追加により静粛性が向上して、
当時の世界一と言われたセンチュリーと、同じ静粛騒音値となりました。

さらに、AFSヘッドライト、LEDテール、後席天井照明ミラー、後席足元照明、オートマ6速化
メーターインフォメーション漢字表記、(プライバシーガラス、スマートキー)標準拡大。
今では当たり前のG.BOOKのヘルプネット新採用。

歴代セルシオで、前期後期でも必ずホイールデザインを全て変えてます。

また、一部被ってる時期がありますが、初代・2代目・3代目、
実は全てホーンの音色変えてます。純正品番がすべて違います。

今現在はレクサス、クラウン、マークX、アルファード、ノア、マジェスタ、一部違いますが、
同じホーンを使用しています。

長く、書きましたが、セルシオほど、細かく変更してるのは
自分が調べた限りでは、日本国内のどの最高級車でも
セルシオだけです。

センチュリーは法人需要ですし、ホイールデザインも変えてません。

これを踏まえると、のちのレクサスLSだけが、同じように
変更されてます。(4代目LSからはマイナーチェンジでもホーンはかえてません)

セルシオは今は電子デバイスを含めて古いのは間違いなく現行に
劣るところはあります。
年数経過の科学の進化はどうしても当時のままですので、そこは仕方ない
ですが、その進化できない部分を省くと

張り合えるのは、間違いなく現行レクサスLSだけです。

4代目からのレクサスLSは完全グローバル化した為、
サイズ含めて、外国メインで、電子デバイスも多様化しました。

非常に良い車ですが、故障率も悪化したのは事実です。

知り合いも、10万キロ超えたあたりから、一時
修理に年間50万円位かかる位、故障多発してました。

その点.10年超えても、30は本当に強いです。
使ってる素材.部品・目に見えない部品が良い証拠です。

調べて知れば知るほど、特に30系は完成された車ですので、
私も乗り換えられない理由です。

周りから見れば、古いセルシオですが、
現行車で、仕方ない電子デバイスの不利は無視して、総合的に見て
考えるとLS以外負けてないと思います。

質問した人からのコメント

2020/6/6 14:14:54

まだまだセルシオです^_^

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rab********さん

2020/5/3122:19:59

私も30前期ですが、ボディ剛性と足回りはさすがに時代の古さを感じます。

最近の日本製高級車はスポーティになりすぎていてちょっと残念ですね。

200系マジェスタがセルシオの後継のように感じます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる