今川義元を攻略するっていうのはとれくらいすごいことなのですか?具体的に教えて下さい

今川義元を攻略するっていうのはとれくらいすごいことなのですか?具体的に教えて下さい

日本史47閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

4

相撲で言うなら、幕下が大関・横綱を倒すようなものですね。 日本有数の交通の要所である東海道牛耳っていて、家柄は足利将軍家の縁戚にあたる武家の中では有数の超名門。石高にすれば100~120万石はあったと思います。 しかも、当主の今川義元は兄とのお家騒動を制し、武田信玄・北条氏康と同盟を組む実力者です。(ちなみに、個人の武勇にも優れています) それに対して、信長は尾張56万石の内、お家騒動をようやく切り抜けて20万くらいを手にしたところです。(ただし、商業圏である津島を押さえているので、実収益は40万石くらいあったとも言われています) 戦国時代の兵力の動員能力は1万石辺り250~350名と言われてますから、今川家が全力全開になったら42000名くらいの兵が動員可能です。(ただし、領土が広いのでそれに応じた守備兵が必要) 対して、信長の兵力はどう頑張っても7000名が限界。しかも、尾張国内では未だ一族の一部が敵対している上に、北の美濃は敵対、西の伊勢も没交渉状態と、正直四面楚歌に近い状態です。 桶狭間で信長が率いた兵力が3000~5000名というのも、お家騒動や初戦の丸根・鷲巣などの砦で失った分を考慮すれば、恐らく動員できるギリギリの戦力だったと思います。 ただ、実際に討ち取られた状況に限ると話は大分変わってきます。 まず、動員兵力ですが、通説だと今川軍2.5万~4万。流石に盛り過ぎだと言われていますが、少なく見積もっても1.2~1.5万は居たと思われます。 これだけで、織田軍の倍近くですが、大高城・鳴海城と2箇所の前線基地に兵力を分散配備。今川義元のもとには近習と馬廻りのみとなります。 この時点で、持てる兵力の大半を自分の指揮下に収めていた信長と、今川義元の本体は兵力でほぼ互角となります。 そして、今川義元の本体と正面からぶつかることになった織田軍。 当初の兵力差から楽勝だったはずが、激戦となってしまいます。 それでも、今川軍からすれば、分散配備した部隊を呼び集めれば、本体で敵を足止めしている間に挟み撃ちにすることが可能です。 ところが、織田軍の猛攻はその予想を遥かに上回る勢いで、どんどん今川義元の本体に侵食していきます。 通常、こうなった場合、大将である今川義元は近習を連れて後方に下がれば、局所的に今川軍が敗北することはあっても、あくまでも戦術的撤退で済んだのですが、織田軍の勢いが予想より早かったのか、それとも尾張のうつけ相手に後ろを見せるのがどうしても我慢できなかったのか、理由は定かではありませんが、ついに今川義元は信長の馬廻りの一人服部小平太に見つかり一騎打ちに持ち込まれます。 それでも東海一の弓取りと謳われた今川義元、名刀宗三左文字で服部小平太の膝を切り、彼に膝をつかせます。ところがその時、背後から襲いかかってきた毛利紳助に組み伏せられ、彼の指を食いちぎるほどの抵抗を見せますが、ついに首をはねられ、ここに足利の次を継ぐは今川と謳われた、日本有数の名門家当主:今川義元は討ち取られたのでした。 とまぁ、討ち取られた経緯を書きましたが、これは非常に異例なことです。 戦国時代には数え切れないほどの合戦が起きましたが、戦場で総大将が討ち取られたというケースはこの桶狭間の戦いを除くと、龍造寺隆信が討ち死にした沖田畷の戦いと(連合軍なので厳密に総大将かは微妙ですが)上杉朝定が討ち死にした川越合戦くらいなものです。 厳島の戦いのように、総大将が自害した戦いなら他にもいくつかありますが、総大将が戦場で敵に直接討ち取られるというのは、それくらい珍しいケースです。 ましてや、敵を完全に包囲しての殲滅戦ならともかく、現在判明している資料では正面からのぶつかり合い。総大将は基本的に見晴らしのいい場所に陣取りますから、形勢が不利になったらさっさと逃げます。正面からの激突でそれを許さなかったという点で、この戦いが如何にすごい成果を上げたかご理解いただけると思います。

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

戦国大名と言っても領国内の武士団に対する統制力はピンキリです。 義元はピンの方です。 扱いにくい外様衆を鞭でビシビシとしつけて今川家の馬屋に繋いでいました。 こういう義元を倒すのは本来大変です。 織田はよくまあ義元を倒したもんです。 ただし、義元の祖父の義忠も遠江に攻め入ったときに不注意から討ち取られています。 意外にポカの多いところが今川家のほっとする部分です。

2人がナイス!しています

5

桶狭間の戦いは、信長の「奇跡の勝利」だったのか。 実は、そうでもないようです。 今川と織田には、かつて言われていたほどの戦力差はありません。 物語として、信長を英雄として描くためには、圧倒的な戦力差があるように書いたほうが、盛り上がります。なので、後世に話がどんどん盛られたのは間違いありません。 常識で考えましょう、信秀の時代から、織田と今川は押したり引いたりしてたんです。それが信長の代になって、いきなり織田がそんなに弱くなるわけないでしょ。 実際、この直前には、織田が国境付近の砦をいくつか奪取していて、今川義元はそれを奪還するために押し出してきたんです。 みんな濃尾平野ってのを舐めてるんですよ。今川は駿遠参の3か国、織田は尾張だけ、3倍の国力があるみたいに思うと間違いで、山がちの遠江や三河に比べて、肥沃な尾張は圧倒的に豊かだった。そのうえに商業利益も抑えていた。だから織田信秀は、今川とも斎藤道三とも互角に渡り合っていたんです。 当時、信長は尾張の半分も抑えていなかった、というのは嘘です。信長公記にも記述のトリックがあって、時系列が故意に?間違って書かれてるんです。桶狭間の時点で、信長は尾張のあらかたを押さえており、今川と互角とは言わないまでも、それなりに対抗出来る戦力を持っています。 今川義元が、織田を簡単に踏み潰せると思って出陣してきた、というのが「物語」なんです。 今川義元の失策は、こちらが圧倒的に優勢だからと過信して、戦力を各方面に分散させてしまったことです。気がついてみれば、今川本陣は、戦力を集中して一点突破してきた信長軍と、どっこいどっこいの兵力になっていたんです。 義元は油断していたわけでも嘗めていたわけでもなく、普通に作戦負けで撃退されただけです。

5人がナイス!しています

1

父親の代から、ずっと圧迫され続けてきた宿敵です。 ボクシングで言ったら、父の代では、何度戦っても、 15ラウンド判定負けしてきたような相手でした。 それを信長が、1ラウンドKO勝ちしたみたいな感じです。

1人がナイス!しています